【経理の残業時間が増える原因と対策】業務効率化・充実したワークライフバランスが鍵!

  • 経理は忙しいと聞いたけど、ホント?
  • 残業時間を減らせる方法が知りたい
  • 残業時間は大体どれくらい?

実は、会社の規模や時期によって残業時間に差があります。

この記事では、公表されているデータをもとに経理部門の残業時間の実態や残業を減らす方法について詳しく解説します。記事を読めば、残業と上手に付き合うための知識を得ることができます。

組織全体としても個人としても実践できる残業削減の手法を学び、より充実したワークライフバランスを目指しましょう。

目次

経理部門の残業時間の実態

経理部門の残業時間の実態

経理部門の残業時間は、月平均で10〜20時間前後です。しかし、決算期といった特定の時期には、この時間がさらに増加する傾向にあります。

残業時間が増える主な理由には、財務諸表の作成期限や税務申告期限が挙げられます。これらの締切が迫るにつれて、業務量が増え、手作業でのデータ処理の必要性が高まるためです。締切が集中することによって、残業時間が増加するという状況が生まれます。

経理部門の残業時間に関する統計データ

上記の画像を見ると「バックオフィス」の月の平均残業時間は12.7時間です。

バックオフィスとは
企業の利益に直接関わる営業やマーケティングなどのフロントオフィス業務を後方からサポートする部署および業務です。 具体的には、総務・経理・財務・人事・労務・法務・その他一般事務などが当てはまります。

パーソナル総合研究所で10,000人に実施した働き方の実態調査「残業はどれくらいしていますか?」の結果です。

doda(平均残業時間ランキング【最新版】【94職種別】)

多くの求人データを持つ転職エージェント大手の「doda」の最新版データを紹介します。

上記の画像を見ると「経理/財務事務アシスタント」の平均残業時間は18.2時間です。経理の他に財務アシスタントを含んだ残業時間になります。

同じ転職エージェント「doda」の経理関連に特化した職種別の表を見てみましょう。

「経理/財務/税務/会計」の場合、23.8時間となっています。

経理部門の残業時間に関する統計データは、管理職や経理担当者にとって非常に重要です。これらのデータを把握することで、労働環境の改善や業務効率化のための参考になるからです。

月平均で20時間前後であることが明らかになっていますが、この残業時間は特定の時期に集中しています。

具体的には、四半期末や決算期などの時期に残業が増えるのが一般的です。企業の規模に応じて残業時間には差があり、中小企業では大企業よりも残業が多い傾向にあります。税務申告期間中の経理部門の残業時間は平均を大きく上回ることが多い傾向です。

ITツールの導入し、残業時間の削減に取り組んでいる企業もあります。これは技術的な解決策が有効であることを示しています。これらのデータは、経理部門の業務負担を理解し、より良い働き方を実現するための基盤となります。

中小や上場企業、人によっても残業時間が全然違う

経理の残業時間は、会社の規模によって、ひとりの経理担当者が担当する仕事の内容は異なっています。

  • 上場企業:経理専門の部署があり、一人ひとりは特定の範囲のみを行う専門職タイプの仕事
  • 中小企業:専門部署がないことも多く、一人で全てを任されるケースもある

特に従業員が30人以下の中小企業では、ひとりの経理担当者が、日々の現金の管理や経理の処理から給与計算、決算をこなし、ときには経営者へのアドバイスまで求められることもあり、幅広い知識と柔軟な対応力が求められます。

中小企業の方が任されることが多く、残業時間も増える傾向にあるね!

中小企業に勤務している私の残業時間は月平均3時間程度です。1年間で残業した合計時間は40時間程度。

月によってバラツキがあり、決算時期の2月に10時間、3月に30時間程度でした。それ以外の月はほぼ残業なし。

任される仕事も多いため、残業0にするために、

  • Excel等で業務を効率化して時間短縮
  • 周囲とコミュニケーションをとる
  • ミスのないように丁寧に仕事をする

などの工夫をして、有給休暇も取得できています。

働く時間を自分でコントロールできる点は、経理の良い点です。

経理部門で残業がピークの時期

経理部門の平均残業時間は、会社の規模により異なりますが、一般的に月20時間前後とされています。この時間は、月末や四半期の終わりにあたる決算期には増える傾向にあります。

  • 税法の改正や会計基準の変更
  • 年末調整や決算業務

など、特定のイベントがあった場合、残業が増えることがあります。

経理部門における残業時間のピークは、主に月次決算、四半期決算、そして年次決算の期間に発生します。税務申告や監査対応期間も同様に、業務量が増加し、スタッフの残業時間が長くなる傾向があります。

予算策定や業績分析の時期、法改正による新規制の適用直前、さらには給与計算と支払いの締め切り前後も繁忙期と見なされています。

これらの時期には、経理部門にとって重要な業務が集中するため、効率的な業務進行が不可欠となります。

X(Twitter)で公開されているリアルな声

実際にX(Twitter)で公開されているリアルな声です。

  • 残業時間ほぼ0
  • 残業200時間

と両極端な結果ですが、SNSでの生の声です。

残業時間が増える原因とその対策

残業時間が増える原因とその対策

残業時間の増加には様々な原因があります。特に、

  • 経理部門の繁忙期
  • 税制の変更

などの業務によるものです。

デジタル化の遅れによって手作業が増え、効率性が低くなることも残業を増やす要因です。人手不足や業務分担の不備も担当者の負担を増大させます。

これらの問題に対する具体的な対策は、業務フローを見直し、ITツールを利用して定型業務を自動化することです。社内で残業を減らす目標を設定し、それに合わせた方針を策定することも重要です。

タスク管理の徹底や進捗の共有を通じて、チーム協力を促進し無駄な業務を減らします。社員のスキル向上のための研修も効率的な業務遂行を支援する一助となります。残業の根本原因を分析し、問題点を明確にして対策を実施することが、残業時間の削減に繋がるのです。

このように組織的な対策を実施することで、経理部門の残業時間を減らし、働きやすい職場環境の実現が可能になります。

残業を減らすには業務プロセスの見直しや効率化

経理業務は締め切りが短い場合が多く、スケジュール管理が非常に重要です。月次や四半期、年次の決算時期には業務量が大幅に増え、結果として残業時間が増える傾向にあります。

経理部門では、報告書の作成や監査対応の仕事が発生することもあります。手作業でのデータ入力や複雑な計算が多く、効率が低下し余計な時間がかかるケースも多いです。

細かい数字のチェックや調整が頻繁に必要で、集中力を維持しながら長時間作業をする必要があります。税制改正や法令の変更による業務量の増加も、残業時間の増加に影響します。ITシステムの不備や不足が非効率な作業を引き起こすことがあります。内部や外部とのコミュニケーションが多いことも作業時間の拡大につながる要因です。

経理業務の残業削減には、業務プロセスの見直しや効率化がカギとなります。

残業時間が多くなる会社の共通点

残業時間が多い会社には共通点があります。これらを把握し、対策することが生産性向上やワークライフバランスの改善に役立ちます。

残業時間の増加の一因として、経営層の余裕がない傾向にあります。労働力や人手不足も、従業員の負担増加に繋がり、残業を増やします。

他にも以下のような要因が挙げられます。

  • 進捗管理やプロジェクト管理が不十分で、締め切りに追われる
  • 業務プロセスが非効率で、同じ作業に不必要に時間を要する
  • 社内コミュニケーション不足により誤解やミスが発生し、修正するための追加業務が発生する
  • 従業員のスキルや経験不足が作業の遅延を引き起こす
  • 業務量の見積もりが不正確で、計画された時間内に作業が完了しない
  • 柔軟な働き方(リモートワーク、フレックスタイム)の不採用により、効率的な働き方ができない
  • 仕事と私生活のバランスを重視しない企業文化が長時間労働を促進する
  • 効果的なアウトソーシング戦略がなく、全ての業務を内部でこなそうとする姿勢

これらの共通点を理解し、対策を講じることは、組織的アプローチによって経理部門の残業を減らすために不可欠です。

経理部門の残業を減らすための組織的アプローチ

経理部門の残業を減らすことは、多くの企業にとって重要な課題の一つです。特に決算や税務申告期の繁忙期には、残業時間が増加しがちです。この問題を解決するためには、日常業務の効率化やリソース管理が不可欠です。

無駄を省くためには業務プロセスの見直しや標準化が有効です。さらに、デジタルツールを導入することで、手作業を削減し業務をスピードアップできます。業務量を適切に分散させ、計画的な人員配置を行うことにより、繁忙期の残業を抑えることが可能になります。

残業削減の取り組みを成功させるためには、時間外労働を監視し制限することが重要です。社内コミュニケーションを効率化し、働きやすい環境を整えることで、残業を減らしつつ生産性を維持することが可能になります。

忙しくない会社への転職を検討する

「業務プロセスを見直したり、上司に相談してるけど、忙しい・・・」という人は、転職することも視野に入れましょう。

今の会社を続けていても、5年10年後も変わらないままです。会社の状況を変えられないなら、あなたが環境の良い働きやすい職場へ転職しましょう。

「私には経理の経歴・簿記のスキルがあります。どんな求人がありますか?」という軽い気持ちで利用しても問題ありません。

転職にはリスクがありますが、転職活動自体はノーリスクです。

今よりも条件の良い会社が見つからなければ、転職しなければ良いだけだからです。

私は転職エージェントを3社使っていました。理由は、

  • 求人の幅が広がる
  • エージェントとの相性がある

利用していたのは、

経理に特化している転職エージェントを利用していました。
» 経理に強いオススメ転職エージェント

経理の忙しい・忙しくない時期の特徴と対策

経理の忙しい・忙しくない時期の特徴と対策

経理部門には忙しい時期(繁忙期)と忙しくない時期(閑散期)があり、それぞれの特徴と対策を解説します。

忙しい時期は3月の決算期で報告書作成や税務申告などの重要な業務が集中します。これにより業務量が増え、締め切りの厳しさやトラブル対応などで残業時間が増える傾向にあります。

一方、忙しくない時期は決算作業後で、落ち着いた時期とされ、通常の経理業務になります。

忙しい時期の残業を減らすには、事前準備の徹底、非繁忙期における業務改善、人材育成が重要です。さらに臨時人員の確保も一つの方法です。

忙しくない時期では、プロセスの見直しや次の繁忙期に向けた準備、スタッフのスキルアップ研修が効果的です。システム更新や業務テンプレート作成を通じ、業務効率化を図ることが可能です。

経理部門の忙しい時期と忙しくない時期の特徴を把握し、適切な対策を実施することで残業時間削減に繋がります。

繁忙期における残業の原因とその対策法

繁忙期における残業の原因と対策法を理解し、効果的に適用することは、経理部門の業務負担を軽減し、スタッフのワークライフバランスを保つ上で非常に重要です。繁忙期の残業が増える主な原因としては、期末決算作業、税務申告、報告書の締め切りなど、一定期間に集中する業務があります。これらは決まった時期に一斉に行わなければならず、残業が避けられない状況が生まれやすいのです。

対策法としては、タスクの事前準備が有効で、これには繁忙期に必要な資料を前倒しで準備したり、必要な情報を早期に収集することが含まれます。スタッフの一時的な増員や効率化ツールの導入、業務プロセスの見直しにより、作業量を分散させ、作業の迅速化を図ることで残業時間の削減に繋がります。残業発生の予測と計画的な人員配置も、繁忙期に備えた戦略的な対応を可能にします。

繁忙期外での残業時間の蓄積を防ぎ、スタッフが休息を取れるようにすることも、高いパフォーマンスを持続するためには不可欠です。これらの対策は、経理部門のスタッフが繁忙期を乗り越え、翌期に向けて活力を保ち続けるための基盤となります。
» 経理の繁忙期を乗り切るコツ

閑散期を活用した繁忙期の残業対策

閑散期を上手く活用することは、繁忙期の残業対策に非常に効果的です。繁忙期に備えて、閑散期の余裕ある時間を使って準備を進めておくことで、業務の負担を軽減し、スムーズな業務遂行が可能になります。閑散期は、業務計画の立てやすさや資料準備のための十分な時間がある点で、特に利点があります。

閑散期には、次の繁忙期に必要な資料やデータを準備したり、業務プロセスの見直しや改善を行うことができます。繁忙期に役立つスキルや知識の研修を実施するのも有効です。予算立案やレポート作成を閑散期から始めることで、繁忙期の業務を圧縮し、残業時間の削減につなげることができます。

人員計画やシフト調整、非常勤やパートタイムのスタッフの育成なども、閑散期に行うことで繁忙期の人材不足を防ぐことが可能です。ITツールや自動化ソリューションを導入したり、それらに慣れたりするには、閑散期は最適なタイミングです。時間管理や業務効率化のワークショップを開催することで、社員一人ひとりの業務効率も向上させることができます。

このように、閑散期を有効に使うことは、企業が繁忙期の業務負担を軽減し、残業時間を削減する上で大きな助けとなるでしょう。

経理部門の業務効率化で残業を削減

経理部門の業務効率化で残業を削減

経理部門の残業削減は、従業員のワークライフバランスを改善し、企業の生産性向上に大きく寄与します。経理業務の効率化は、非常に重要な課題です。

業務の効率化を実現する一つの手段として、業務自動化ツールの活用があります。これにより、繰り返し行われるデータ入力、請求書処理、経費精算などの作業を自動化し、時間の大幅な節約を実現することができます。

業務プロセスの見直しによって非効率な作業を標準化し、無駄な時間を削減することも可能です。リモートワークやフレックスタイム制度の導入により、従業員はより柔軟な働き方を選択でき、それぞれの生産性を高めることができます。

これらの取り組みにより、経理部門の残業時間は削減され、従業員の満足度を向上させることにもつながるでしょう。

業務自動化ツールの活用

経理部門における残業時間の削減は、業務自動化ツールを活用することで実現可能です。実際に多くの経理作業は繰り返し行われており、自動化によって作業時間を大幅に短縮し残業を減らすことができます。例えば、請求書のデータ入力や財務レポートの作成を自動化すると、手間が軽減されます。

経費精算の電子承認プロセスの自動化も可能です。会計ソフトウェアとの統合による効率化や、AIを利用した予測分析も効果的な手段とされています。クラウドベースのツールやRPAの導入が普及し、より効率的な業務自動化が行えるようになっています。これにより、定型的な通信やエラーチェックも自動化し、業務の精度を向上させながら残業時間を削減していくことが実現できるのです。
» 経理業務にExcelが選ばれる理由

業務プロセスの最適化と標準化

業務プロセスの最適化と標準化は、経理部門の残業時間削減に非常に有効です。業務フローの分析と見直しを行うことで、無駄な作業を省くことができます。ボトルネックを特定し、それを解消する改善策を実施できるのです。プロセスをしっかりと文書化し、標準作業手順を作成することで、作業の効率が上がり、担当者間の情報共有もスムーズになります。

業務の透明性が向上することで、全員が同じ目標に向かって効率的に働くことができるようになります。継続的なプロセス改善のためにPDCAサイクルを回し、常により良い方法を追求することも大切です。ベストプラクティスの導入と遵守によって、組織全体の業務効率が向上し、残業時間の削減に繋がります。

作業指示を明確にし、業務を合理化することも重要です。定期的なレビューと業務プロセスの更新により、常に最新の状態を保つことができるのです。こうした取り組みを通じて、時間を効率的に使用し、残業の必要性を減らすことが可能になります。

リモートワークやフレックス制の導入

経理部門におけるリモートワークやフレックス制の導入は、業務効率化と残業削減に大きく貢献します。従業員は通勤時間を削減し、好きな場所で働くことが可能になり、その結果、作業の柔軟性が高まり、集中力を保ちやすくなります。フレックス制を利用することで、個々の生産性が高い時間帯に業務をこなすことができ、全体の効率が向上することが期待されます。

在宅勤務ではオンライン会議が増え、従来の対面での非効率な打ち合わせが減少します。タスク管理ツールを導入することで、リモートワーク時の進捗管理が容易になり、チーム間コミュニケーションの向上も見込まれます。フレックスタイム制により、仕事とプライベートのバランスが取りやすくなり、従業員のモチベーションが維持しやすくなるという利点もあります。

これらの働き方の変革により、経理部門の残業時間を削減し、従業員の満足度を高めることが可能です。効率的な業務運営を志向する組織にとって、リモートワークやフレックス制の導入は非常に有効な戦略と言えます。

残業削減のための個人レベルでの工夫

残業削減のための個人レベルでの工夫

残業削減は組織全体の課題ですが、個人レベルでの工夫によっても効果を見込むことができます。自身の時間管理の見直しや業務の効率化は非常に重要です。仕事のストレスを上手に管理することは、長時間労働のリスクを減らす上で役立ちます

この記事では、残業を減らすための個人の取り組みに焦点を当て、それぞれの方法を具体的に解説します。タイムマネジメントのスキル向上、仕事の優先順位の適切な設定、効率的なタスクの遂行方法、メンタルヘルスの保持とストレス管理のテクニックについての情報を提供します。

これらの工夫は、日々の業務において持続可能なワークライフバランスを実現するためにも有効です。個々の努力が集まり、結果として組織全体の労働環境の改善につながることでしょう。

タイムマネジメントスキルの向上

タイムマネジメントスキルの向上は、経理部門の残業時間を削減する上で非常に重要です。効果的なタイムマネジメントにより、業務を効率化し、無駄な時間を減らすことが可能になります。具体的には、スマートゴール設定を活用して目標を明確にし、カレンダーやタスク管理アプリを使用して日々の業務を管理します。

タイムマネジメントテクニックを導入することで、短時間でも集中して作業できる環境を作り出し、タスクを効率的にこなすことができます。これらの方法は、仕事とプライベートの時間をバランスよく過ごすための境界線を設定することにも役立ちます。

時間監査を行い、無駄な業務を削減すること、仕事の断捨離、デリゲーション、ミーティングの削減、タスクの排除を意識することが大切です。環境整備や整理整頓により、集中力を高めることも重要です。自己啓発を通じてタイムマネジメントスキルを継続的に磨くことで、業務効率化と残業時間削減が実現可能です。

業務の優先順位付けと効率的なデスクワーク

業務の効率化は、優先順位付けから始まります。タスクの緊急度と重要度に基づいて行動計画を立てることが重要です。なぜなら、タスクに対する優先順位が明確であれば、無駄な時間を避け、効果的に業務を進めることができるからです。

具体的には、タスクリストを作成し、それぞれの業務について緊急度と重要度を評価することで、何をいつまでに行うべきかが明確になります。計画的に休憩を取り入れることで、作業効率を維持することも可能です。

デスクの整理整頓を行い、作業環境を清潔に保つことは、集中力を高め、業務効率を上げるためには不可欠です。効率的なデスクワークを実現するためには、これらのポイントを日々の業務に取り入れることが推奨されます。

メンタルヘルスの維持とストレスマネジメント

経理部門での長時間労働は珍しくなく、そのためにメンタルヘルスの維持とストレス管理が特に重要です。ストレスは仕事のパフォーマンスはもちろん、日常生活にも大きな影響を与えます。効果的なストレスマネジメントは、仕事効率の向上と個人の幸福感の保持が目的です。

ストレスマネジメントの基本は、定期的な休息とリラクゼーションの取り入れ、ストレスの原因の特定と対処です。運動や趣味を通じたストレスの発散も心の健康を維持するのに役立ちます。

時間管理と自己ケアのバランスを保つことは、生産性を高めつつストレスを減らすために有効です。専門家のサポート、睡眠と栄養と運動のバランスの重視、コミュニケーションスキルの向上も、メンタルヘルスを維持するために重要な要素です。
» 経理のコミュニケーション能力向上完全ガイド

リラクゼーション技法、特に瞑想やマインドフルネスを実践することはストレスレベルを下げます。業務圧力を感じた際には、上司や同僚に早めに相談し問題を共有することが解決への糸口になります。キャリアの目標を定期的に見直し、業務内容を調整することがモチベーションを維持する助けとなります。

こうした取り組みが個々のメンタルヘルスの維持に寄与するのみならず、経理部門全体の業務効率化にもつながります。

まとめ

まとめ

経理部門の残業時間削減には組織全体の取り組みが不可欠です。具体的には、業務の特性や組織構造が生む残業の原因を特定し、繁忙期と閑散期の特徴を踏まえた対策が重要となります。

この過程で、業務自動化ツールの導入や業務プロセスの見直し、柔軟な勤務体制の実現が有効です。これらの施策は経理部門の効率化を促し、残業時間の減少に直結します。

個々の社員も時間管理やストレス管理を改善することで、より健全な勤務環境を実現できます。残業時間を削減することは、経理部門だけでなく、企業全体の生産性の向上と従業員のワークライフバランスの改善に繋がります。組織として積極的な取り組みが求められます。
» 経理の仕事についていけないときの対処法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゆうのアバター ゆう 現役の経理部員

当ブログをご覧いただきありがとうございます。
編集長のゆうです。

現役の経理部員として知らないと損する「お得な情報、オススメ転職エージェント、転職ノウハウ」などを惜しみなく公開します。
2022年から未経験で転職活動をスタートし、2社の内定を獲得しました。
年収も420万円から600万円にアップし、経理事務を満喫しています。

皆さんの役に立つ情報発信をしていきますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次