【経理に必要なスキル完全ガイド】キャリアアップに役立つ資格や取得方法も紹介!

多くの企業で不可欠な経理部門ですが、はたしてどのようなスキルが必要なのでしょうか。この記事では、経理業務に必須の基本スキルから専門知識、コミュニケーション能力までを網羅的に紹介します

記事を読めば経理業務に欠かせないスキルの理解と実践方法を把握できます。キャリアアップを目指す方にとっても非常に有益な内容です。資格取得の道筋も示すことで、経理としてのスキルアップに直結する実用的な情報を提供します。

目次

経理に必要な基本スキル

経理部門で活躍するためには、基本スキルが不可欠です。これらのスキルは、経理業務を効率的に行い、専門家としての価値を高める上での基盤となります

経理においては、正確な会計処理だけでなく、多様なデータの取り扱いや、社内外の人々とのコミュニケーションも重要です。基本スキルとは以下の3つです。

  • 簿記の知識
  • パソコンスキル
  • コミュニケーション能力

これらのスキルをしっかりと身につけることで、経理業務の幅広い分野での活躍が期待できます。
» 経理に必要なスキル完全ガイド

簿記知識の重要性と基礎

簿記知識は企業経営の基本で、日々の取引の記録や財務状況の分析に欠かせません。

簿記の知識は、正確な情報の把握を通じて、経営判断のうえで重要な役割を果たします。

会社として

  • 法律を守り
  • 透明性の高い財務報告

を行う上でも必要不可欠です。二重簿記法は、世界中の多くの企業で採用されている標準的な簿記の方法です。

  • 取引の記録
  • 元帳の管理
  • 試算表の作成
  • 損益計算書や貸借対照表などの財務諸表。

簿記により、財務会計と管理会計の土台が築かれ、企業の経営活動を効果的に支えます。

簿記知識は、財務分析や予算の作成など経営戦略策定にも寄与します。この基礎をマスターすることで、会計知識の習得が容易になり、経理業務の効率化やキャリアアップへの道が開かれるのです。
» 簿記1級を活かせる仕事

パソコンスキル:Excelを中心に

経理においてExcelスキルは非常に重要です。

Excelは日常的な業務で使われるデータの集計や分析、報告書の作成に欠かせないツールだからです。

Excelの基本操作をマスターするのは必須だね!

Excelはさまざまな機能を持っていますが、まずはセルの編集や書式設定といった基本的な操作から覚えることが重要です。これにより、見た目が分かりやすい表やリストの作成が可能になります。

計算を行う際には、SUMやAVERAGEといった基本的な関数の使い方を理解することがポイントです。これにより、多くの数値データを素早く集計することができ、以下のような作業の効率化に繋げることが可能です。

  • データのソートやフィルタリング機能で、必要な情報を迅速に見つけ出す
  • ピボットテーブルで、複雑なデータ集計も可能
  • グラフやチャートの作成によって数値データを視覚的に表現
  •  条件付き書式を使ったデータの強調表示

Excelの応用である複数シートやワークブック間でのデータ連携、マクロやVBAによる作業の自動化などを学習することは重要です。独自の数式を構築しエラーをデバッグする方法や外部データの取り込み方を覚えることで、専門的なデータ管理が可能になります。Excelスキルは、経理業務をスムーズかつ正確に進めるために欠かせず、業務効率化に大いに役立ちます。
» 経理におけるエクセルのスキルアップ

コミュニケーションスキルの役割

コミュニケーションスキルは、経理業務において非常に大切な役割を果たします。

経理担当者は、合い、情報を共有し、調整を行う必要があるからです。

  • 日々の業務の中で多くの人と関わり
  • 適切なコミュニケーションを取る

ことで、職場内での情報交換が円滑になり、効率的な業務の進行が可能になります。

チームビルディングやモチベーションの維持にも大きく寄与し、組織の目標達成に向けた意思統一を促進することができます。

こうしたコミュニケーションの重要性を理解し、経理担当者が明確かつ効果的なコミュニケーション能力を身につけていると、業務の品質向上につながるだけでなく、顧客満足度の向上や職場の人間関係の改善にもつながります。

コミュニケーションは単なる情報の伝達手段にとどまらず、経理業務の根幹を支える要素であると言えます。
» 経理のコミュニケーション能力向上完全ガイド

経理業務に必要な専門知識

経理業務を遂行する上で必須となるのは特定の専門知識です。

会社のお金の流れを正確に把握し、管理するためには、これらの知識が不可欠です。経理担当者には、以下の点に精通していることが求められます。

  • 二重簿記の原則
  • 貸借対照表と損益計算書の作成方法
  • 資産や負債などの会計科目の適切な処理

簿記によって、正確な財務報告と企業の経営状態の評価が可能になります。決算書を分析し、財務指標を解釈する能力は、経営判断の土台となります。

会計基準や企業会計原則への遵守は、ステークホルダーとの信頼関係を築く上で欠かせません。内部管理会計の知識は経営陣への意思決定の上で重要な情報となります。

税法の知識は法令に則った経理処理と正確な税務申告の準備に不可欠です。不正防止と内部統制の知識は、企業の資産を守り、リスクを管理する大きな役割を果たします。

これら専門知識は経理業務の品質を高め、企業財務の健全性を支える中心的な部分となります。
» 経理に必要なスキル完全ガイド

簿記の基礎知識

簿記は、企業や個人の経済活動を金銭で計測し、それを記録する会計の基本的な仕組みです。

簿記の記録方法は経営の意思決定や財務状態の把握に役立ち、経理職にとって必須のスキルと言えます。

特に重要なのが二重簿記方式です。世界中で一般的に使われるこの方式は、取引によって変動する企業の財務状態を二つの異なる側面から記録します。

二重簿記方式では、取引ごとに少なくとも二つの勘定科目に記録することで、資産、負債、資本の変動を把握できます。

簿記では会計期間の原則に基づき、決められた期間ごとに財務状況を報告します。これにより経営者や利害関係者が経営状態を理解するのに役立ちます。ジャーナルとレジャーを使用して取引を記録し、貸借対照表や損益計算書などの基本的な財務諸表を作成することで、会社の財務状態を示します。

これらの諸表は、会計方程式に沿って作成され、外部に企業の経営状況を伝える重要なツールとなります。簿記の知識は、伝票の保管や期末調整など記録維持にも必要で、経理業務において正確かつ効率的な作業を行う基盤となります。
» 簿記資格取得のメリット

財務会計と管理会計の違い

経理業務では、財務会計管理会計という二つの重要な要素があり、それぞれ異なる目的で使用されます。

財務会計は、法令や会計基準をもとに作成、一般に公表される情報です。この会計は、株主や債権者などの外部の方に向けて企業の財務状況や業績を示すために利用されます。

管理会計は企業内部で利用される情報で、経営者が意思決定を行う際に役立つものです。管理会計の情報は通常公開されず、企業の内部管理のみに使用されます。

財務会計の報告は、

  • 四半期ごと
  • 年次ごと

の定期的なサイクルで行われ、過去の実績に基づいたデータが中心です。

管理会計はより柔軟で、

  • 必要に応じて
  • 任意のタイミング

で報告が行われる特徴があります。将来の予測や計画に関する情報も扱うことができます。

財務会計は会計原則に基づく厳格なガイドラインに従いますが、管理会計は組織の特性に合わせれる柔軟性を持っています。

経理業務に携わる人は、これら二つの会計の違いを理解しておく必要があります。
» 経理の仕事内容

税務の基本と経理における役割

経理の役割は、企業の健全な経営とコンプライアンスの確保に欠かないものです。特に税務の知識は大切です。

税務とは、国や地方公共団体が定める税金に関する法律やルールを指し、経理部門はこれを理解し、適切な税金の計算と納付を行う責任があります。

経理は会計基準と税法の違いを正確に把握し、財務諸表を作成する必要があります。これにより、税務申告の正確性が保たれ、会社の税務リスクを管理できます。

経理担当者は、税法改正に常に注意を払い、最新の税務知識に対応しなければなりません。

企業内での様々な取引に対して、税務処理を適切に判断し、会計帳簿に記録することも重要です。税務申告書の作成と提出は経理にとって重要な責務であり、納税の期限と正確さが厳しく求められます。

税務の基本を理解し、経理の役割を遂行することで、企業の税負担を適法に最適化し、税務監査への対応も可能になります。国際取引など複雑な状況では、国際税務の理解を深めることが特に重要です。経理担当者がこれらの知識を活用し、正確な税務処理を行うことで、企業の財務健全性と信頼性を維持することができます。

経理に役立つ応用スキル

経理の仕事をする上で、基本スキルを身につけた後に応用スキルを磨くことは非常に有効です。これらのスキルは、日々の業務をスムーズに進めるだけでなく、会社の財務状況を正確に分析し、戦略的な意思決定を支援するためにも重要です。

効率的な経理業務を行い、企業の経営に貢献するためには、応用スキルを習得し使いこなせるようになることが求められます。
» 効果的に経理のスキルを身につける方法

会計ソフトの操作能力

会計ソフトの操作能力は、経理業務を効率化し、正確性を高めるために非常に重要です。会計ソフトは、日々の経理処理を自動化し、複雑な計算を簡素化することで時間を節約し、ミスを減らす助けとなります。

このスキルを身につけることで、請求書の作成や管理、銀行取引のデータ同期、月次・年次決算の処理など、経理作業をスムーズに実行できるようになります。財務報告や経営分析にも役立つレポートを瞬時に作成できるようになるため、経営者や他部門からの信頼を得ることができます

プレッシャーのかかる経理業務において、会計ソフトを駆使することは、業務の質を向上させると同時に、自身の専門性を高める手段となります。

スプレッドシートを使ったデータ管理

経理業務では、スプレッドシートを使ったデータ管理が欠かせません。これによりデータの入力、編集、整理といった基本的な作業から始まり、関数や公式による自動計算も可能になります

データのフィルタリングや並べ替え、視覚化もスプレッドシートの重要な機能です。これらを駆使することで、情報をよりわかりやすく整理することが可能になります。

重要なデータを目立たせるためには、条件付き書式の活用が有効です。セルの保護や共有設定を用いることで、チーム全体でのスムーズなデータ管理を実現します。

作業の効率化では、マクロやスクリプトを使用した自動化も重要なテクニックです。これによって、時間を節約し、より高度な作業に集中することができます。効率と精度を求める経理作業にはこれらのスキルが不可欠です。

データ分析とレポーティングの技術

データ分析とレポーティングの技術は、経理業務においてより効果的な意思決定を支援するために非常に重要です。基本的な統計知識とデータ処理技術を身につけることで、会計データの傾向とパターンを識別できるようになります。

データ可視化ツールを活用することで、分かりやすいレポートを作成し、財務予測や予算策定におけるデータの重要さを理解し活用する能力も向上します。

データの精度を保証しながら、定性的データや定量的データを組み合わせて分析することは、より包括的なビジネスの洞察を得るために役立ちます。ビジネスインテリジェンスツールを駆使してダッシュボードを設計するスキルも、経営層に対して迅速かつ的確な情報を提供する上で有用です。

データ分析プロジェクトを管理し、適切なコミュニケーション戦略をとることで、チーム内の情報共有を促進し、投資収益率を評価するためのレポーティング手法も改善できます。データガバナンスの原則に従ったレポーティングは、データセキュリティとプライバシーを保護する上でも重要です。

高度な分析技術への理解、特に機械学習や人工知能の活用は、経理業務における競争力を高めるためにも重要となります。

分析力と意思決定支援

分析力は経理業務にとって重要な応用スキルです。データを集め、分析することで業務プロセスの改善点が見えてきます。これにより、予算策定や財務予測が可能となり、リスク管理に役立ちます。経営層への報告資料作成にも、分かりやすく効果的なデータを提示する能力が必要です。財務データに基づいて意思決定を支援し、企業戦略の策定への貢献も期待されます。

ビジネスインテリジェンスツールなどの分析ソフトウェアの活用も欠かせません。これらを駆使することでマーケットトレンドを理解し、新しいビジネスチャンスを掘り起こせます。効率的なデータ管理と正確なレポートの作成が意思決定を加速させ、データ視覚化技術は情報をより理解しやすくします。経済指標の影響評価やパフォーマンス指標(KPIs)の設定により、ビジネス目標達成への進捗を測るのも、分析力の表れです。

分析力は、経理業務の効率化、戦略的な意思決定の支援、組織全体のパフォーマンス向上に貢献することが分かります。経理業務におけるこのスキルの重要性は、多岐にわたる業務への影響からも明らかと言えるでしょう。

法規制と税務知識の理解

経理業務では、法規制と税務知識の正確な理解が求められます。これは、企業が法律を守り、適切な税金を支払うという重要な責任を担っているためです。経理担当者は、日常的な取引の記録を正確に行い、税務申告を適切に実施することで企業の信頼性を保持します。

税法や会計基準は変更されることがあり、経理担当者は最新の情報を常に把握しておく必要があります。経理の専門知識は経理業務だけでなく、企業経営にも大きな影響を与えるため、経理担当者にはこれらの知識を身につけ、適切に活用する能力が不可欠です。

経理におけるコミュニケーション能力

経理部門では、正確で迅速な情報処理が求められるため、コミュニケーション能力が非常に重要です。経理担当者は日々の業務でさまざまな人とのやり取りを行います。以下のよう内容も含まれます。

  • チーム内での情報の共有
  • 管理職や他部門への財務報告
  • 外部との連絡調整

情報を明確に伝えることにより、ミスの防止や効率的な業務の進行が可能になります。他部門からの情報要請に対して、迅速かつ的確に応じることも経理部門のコミュニケーション能力が試される場面です。

ストレスの多い状況下でも冷静さを保ち、適切な判断とコミュニケーションを行う能力が求められます。このように、経理におけるコミュニケーションは、円滑な業務遂行と良好な関係構築に寄与する重要なスキルです。
» 経理のコミュニケーション能力向上完全ガイド

内部コミュニケーションの重要性

内部コミュニケーションは、企業運営において経理部門も含めて欠かせない要素です。効果的なコミュニケーションは業務の効率化に寄与し、社員間の信頼関係を強化するために必要です。

正しい情報の迅速な共有は意思決定の精度を高め、組織全体の目標達成をサポートします。チーム内での課題の早期発見と解決、モチベーションの向上、柔軟な変化への対応力を高めることができます。

特に経理部門では、財務情報の透明性確保という重要な役割を担い、経営戦略と業務プロセスの整合性に寄与することができます。このように内部コミュニケーションは、ビジネスの成功を左右する重要な要素であると言えます。

他部署との連携をスムーズにするスキル

経理部門の業務を円滑に進めるためには、他部署との連携が不可欠です。良好な関係を築くためには、明確なコミュニケーションが重要です。これには相手の部署の専門用語を理解し、自部署の事柄をわかりやすく伝える能力が必要です。経理の専門用語を他部署のスタッフに説明するときは、一般的な言葉を使い、丁寧に解説することが効果的です。

相互理解と尊重を深めることは、他部署の目的や課題を理解し、共通の目標に向かって協力関係を築くことにつながります。プロジェクト管理スキルを活用することで、共同プロジェクトやタスクを効率的に進めることが可能になります。

異なる部署との交渉では、お互いの利益を考慮し、調和を図る交渉術が役立ちます。柔軟性と適応力を持つことで、状況の変化にも対応し、異なる部署のニーズに合わせた行動が可能になります。

他部署との関係を強化するには、情報共有と透明性の保持も不可欠です。重要な情報を適切に共有することで信頼関係を築き、良好な連携を実現できます。対立が生じた場合はコンフリクト解決スキルを活用し、問題に対して建設的に対処することで部署間の摩擦を最小限に抑えます。

他部署の意見やアイデアを注意深く聞き理解するためのリスニングも大切です。ITツールを活用すれば、コミュニケーションツールやプロジェクト管理ツールを通じて効率的な連携が図れます。これらのスキルを身につけることにより、経理部門は他部署と協力し、企業全体の成果に貢献できます。

経理情報のプレゼンテーション能力

経理情報のプレゼンテーション能力は、単に数字を並べるだけでなく、情報をわかりやすく伝える力が求められます。経理部門が作成した財務報告を他部署や経営層に対して効果的にプレゼンテーションするためには、以下のような技術が必要です。

  • 説得力のあるストーリーテリング技術の活用
  • 視覚資料の使用(グラフ、チャート、表など)
  • プレゼンテーションソフト(例:PowerPoint)の習熟
  • 聴衆の関心や理解度に合わせた情報の選択
  • 明確で簡潔な説明力
  • データの重要なポイントを強調する
  • 質疑応答のための準備と対応能力
  • ノンバーバルコミュニケーション(身振り手振り、目の接触)の意識

時間管理と効果的なプレゼンテーションフローの構築は、情報を適切なタイミングで伝えるために不可欠です。フィードバックを受け入れ、プレゼンテーションを改善する姿勢も大切なスキルの一つです。これらの技術を身に付けることで、経理情報を効率的かつ効果的に伝えることができます。

経理業務に役立つ資格とその取得方法

経理業務を行う上で有利な資格がいくつかあります。これらの資格は、専門知識を身につけるだけでなく、キャリアの幅を広げるのに役立ちます。資格取得には、それぞれに適した学習方法と計画的なアプローチが求められます。

日商簿記検定の紹介とメリット

日商簿記検定は、商工会議所が行う日本国内で広く認知されている会計に関する資格試験です。3級から1級までのレベルがあり、会計の基本から応用まで段階的に学ぶことができるため、経理や会計の職に就く際の必須の実務知識となります。資格保持者は就職や転職市場において有利な立場を得ることが多いとされます。

簿記検定の取得により、ビジネスにおける数字の理解と管理能力が向上します。独学または専門学校で学ぶことにより、経営分析や財務計画の立案など、多岐にわたる業務に活用可能な知識が身につきます。これは職場内での信頼を高め、キャリアアップに繋がる可能性をもたらします。

会計の国際化が進む現代において、グローバルな視点を持った知識を学べることも日商簿記検定の大きなメリットです。経理業務に携わる方々にとって有益な資格であり、スキルアップに役立つことは間違いありません。
» 簿記は何級から始める?勉強方法を解説

会計士・税理士などのプロフェッショナル資格

経理業務では、プロフェッショナルな資格が大きな武器になります。会計士と税理士は、それぞれ会計・税務の専門家として、高い専門性を示す国家資格です。これらの資格を取得するためには、高難易度の試験に合格する必要があります。

会計士は会計監査や財務アドバイザリーを、税理士は税務申告や税務相談をそれぞれ専門としており、法律で認められた業務独占資格として活動できます。資格取得後は継続教育や実務経験を通じて、専門スキルをさらに高めることが可能です。これにより、企業の財務戦略や税務対策、経営コンサルティングなど多岐にわたる業務を手掛けることができるようになります。

会計士や税理士の資格は、経理・会計業界でのキャリアアップに非常に有効です。専門知識を身につけたい方には、これらの資格に挑戦することをお勧めします。
» 経理に必要な資格

他の経理関連資格とキャリアへの影響

経理関連の資格は、キャリアアップに大きな影響を及ぼします。資格には、会計技能を証明し実務で直接役立つものから、特定の領域に特化した専門性を高めるものまで多岐にわたります。以下に紹介します。

会計実務能力検定
実践的な会計技能の証明として認知度が高く、キャリアアップに有効
管理会計士
経営分析や予算策定などの高度な知識を証明し、管理職へのステップとなる
財務分析士
財務データの分析力を証明し、戦略立案や経営判断のサポート役に適する
ファイナンシャル・プランニング技能士
個人・法人の資産管理や金融知識を有し、相談役としてのキャリアを形成

専門性をさらに深めたい場合、中小企業診断士やIT経理士といった資格があります。これらの資格は、経営全般にわたるアドバイス能力や会計・ITスキルの融合を実現し、コンサルタントやデータ管理の専門家としての道を開きます。グローバルな環境で活躍を目指す場合は、TOEICやビジネス英語検定などの英語資格を持っているとキャリア構築に有利です。

資格取得には、昇進や給与アップのチャンスが伴うことがあります。専門性の高い資格を持つことで、業界内で専門家としての地位を確立することができ、独立して開業する選択肢も広がります。資格取得は、自身のスキルを証明し、さらなるキャリアの発展を図るための大きな一歩となるでしょう。
» 経理のキャリアプラン

資格取得に向けた学習計画の立て方

資格取得に向けた学習計画の立て方は、効率的で効果的な学習を実現するために不可欠です。学習計画は以下のステップで構成されます。

  1. 目標設定
  2. 情報収集
  3. 計画の具体化
  4. 学習方法の選定
  5. 進捗管理
  6. モチベーション維持

これらのステップに従って計画を進めることで、無駄なくシステマチックに知識を身につけ、試験合格への確実な歩みを進めることができます。

自己評価をして現在の知識レベルと必要な学習内容を明確にすることが重要です。目指す資格の試験内容と形式について詳しく調べ、資格取得までの期間を設定し、リアルな学習スケジュールを作成します。学習スケジュールには、定期的な復習の時間も組み入れることが大切です。学習項目を優先度に応じてリストアップし、計画的に学習を進めることが効果を高めます。

学習方法は個人の状況に合わせて選ぶことができます。自学自習や通信講座、専門学校に通うなど様々な方法があるので、最適な学習スタイルを見つけましょう。模擬試験を活用して合格に必要なスコアの把握と自己評価も行い、学習進捗を定期的にチェックしながら、必要に応じて計画を調整しましょう。

資格取得を目指す上でモチベーションの維持も不可欠です。目標に対する小さな報酬を設けることで、やる気を継続することに役立ちます。試験前には特に試験対策に集中してしっかりと知識を定着させる期間を設けることが望ましいです。

まとめ

経理の仕事では、さまざまなスキルや知識が求められます。基本スキルとしては以下の3つが挙げられます。

  • 簿記知識
  • パソコンスキル
  • コミュニケーション能力

これらは、日々の業務をスムーズに進行させるための基盤となります。

専門知識として財務会計管理会計の違いを深く理解すること、さらには税務知識も不可欠です。これらは経理業務の質を高める上で重要な要素となります。

応用スキルでは、会計ソフトの操作データの分析・レポーティングが求められます。内部および他部署とのコミュニケーション能力情報のプレゼンテーション能力も、経理業務の効率と効果を左右する重要なスキルです。

資格の面では、日商簿記検定や会計士・税理士などがキャリアアップに役立ちます。適切な学習計画を立てることで、これらの資格を有効に活かすことができるでしょう。この情報を踏まえて、経理業務に対する理解を深め、スキルアップにつなげるための一歩を踏み出してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゆうのアバター ゆう 現役の経理部員

当ブログをご覧いただきありがとうございます。
編集長のゆうです。

現役の経理部員として知らないと損する「お得な情報、オススメ転職エージェント、転職ノウハウ」などを惜しみなく公開します。
2022年から未経験で転職活動をスタートし、2社の内定を獲得しました。
年収も420万円から600万円にアップし、経理事務を満喫しています。

皆さんの役に立つ情報発信をしていきますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次