【経理の仕事内容】効率的な業務遂行のポイントとキャリアパス形成のコツを解説!

  • 経理は自分には難しそう
  • 数字が苦手だからできるか不安
  • 経理は地味な感じがする

経理の世界は多くの人にとって未知の領域かもしれません。

実際の業務内容について理解している人は案外少ないです。この記事では、経理の基本知識から日常業務、さらにそのキャリアパスについて、詳しく解説していきます。

経理の仕事には、いくつかの異なるプロセスが含まれており、それぞれ特有のスキルやツールが必要です。この記事を読むことで、企業において経理がどのように機能しているかが分かります。経理の仕事を自分のキャリアにどう活かせるかについての理解も深まりますので、参考にしてください。

目次

経理の仕事内容とは?

経理の仕事内容は、会社の経理に必要なお金の管理をする業務です。企業の入出金や利益を把握する重要なポジションを担っています。

日々の取引を会計のルールに従い、簿記という方法で正確に記録し、経営者に伝える役割があります。経営者は経理が記録した帳簿や決算書の書類をもとに財務を把握して経営判断しています。

経理の仕事は会社の活動内容を数字で表すこと

経理は会社の経済活動を数字に表し、外部に企業の実態を伝える役割も持っています。

経理の基本業務には、請求書の作成・管理、支払い処理、現金管理などがあります。日々の積み重ねで、企業の財務状況を正確に把握し、財務レポートを作成します。

経理は数字のプロフェッショナルとして会社に必要不可欠だね!

経理は以下のような複雑な業務も担当することがあります。

  • 予算管理
  • 税務関連業務
  • 内部監査
  • コンプライアンス確保
  • 資金繰り管理など

日常業務は、

  • 経費の精算をしてお金を払う
  • 銀行口座からお金を引き出す

日々の取引を記録してお金の出し入れをしていきます。

経理は企業の基盤を支える非常に重要な職種であり、企業運営に欠かせない存在です。

経理の役割と基本業務

経理は、商品やサービスを販売して入ってくるお金と、商品やサービスを提供するためにかかるお金などの、会社の経営に必要なお金の管理をする役割です。

日々の取引を会計のルールに従い、簿記という方法で正確に記録し、経営者に伝える役割があります。経営者は経理が記録した帳簿や決算書の書類をもとに財務を把握して経営判断しています。

日々の会社の活動では、商品の仕入れや販売、経費の支払いなど常にお金が動いています。入出金を記録し、レシートや請求書を整理することも経理の仕事です。

支払いや入金の管理を通じて、キャッシュフローのスムーズな運用を目指します。経理の責任範囲には以下も含まれます。

  • 予算の計画と分析
  • 税金の申告

経理は会社にとって必要不可欠な存在だね!

経理が単に数字を追うだけでなく、会社の将来に影響を与える重要な役割を果たしていることを意味します。

毎日、月1、年1行う経理の仕事サイクル

経理の仕事サイクルは、

  • 日々の取引の記録(日次)
  • 月1回のさまざまな支払いやチェック(月次)
  • 年1回の決算書の作成に関すること(年次)

大きく3つに分類できます。

それぞれの業務は会社の財務状況を正確に把握し、適切な経営判断を支援するための重要な役割を果たします。

経理の仕事サイクルを頭に入れておくことで、仕事を円滑に進めれるね!

日々の取引の記録(日次)
会社で発生する1日の取引を記録し、お金の出し入れを行います。
月1回のさまざまな支払いやチェック(月次)
毎日の記録が間違っていないか月1回確認したり、1か月ごとの支払いや請求、業績をまとめたりします。
年1回の決算書の作成に関すること(年次)
会社の業績をまとめて報告するための決算書を作成し、1年間の売上や利益など財務や資産を把握します。
在庫の棚卸や減価償却などで期末時点の資産把握や税務申告、株主総会や有価証券報告書の書類作成も年1回の大事な業務です。

年1回の決算前は、経理部はとても忙しいよね!3月末に決算する会社が多いので、3〜5月は残業するとこも多いね。

毎日の仕事、毎月の仕事、年1回の仕事ごとにルーティン化され、それぞれのルーティンごとのスケジュールを把握しておきましょう。

経理の業務範囲:会計データの管理から財務分析まで

経理の業務範囲は非常に広く、会計ソフトの操作やデータ入力から決算資料の作成まであります。

日々の取引記録や正確な財務諸表の作成が基本業務です。これにより、企業の経営状態の正しい把握と予算管理が可能になります。

財務分析は経営陣の意思決定に不可欠で、経営戦略にも役立ちます。内部統制の実施、税務申告の準備と対応も経理部門の仕事です。

経理の業務範囲
  • 会計ソフトの操作やデータ入力
  • 給与計算や源泉徴収の計算
  • 仕分帳や財務諸表の作成
  • 買掛金管理や売掛金管理
  • 伝票作成やデータ入力
  • 領収書の整理や請求書作成
  • 法人税等の納付など
  • 決算資料の作成

経費の管理やコスト削減の提案を通じて企業の収益性を向上させることや、投資の評価やリスク管理を行い企業の資産を守ることも、経理の大切な役割です。

人員の管理や業務の効率化にも取り組むことで、経理部門は企業の財務健全性の保持と成長の支援に寄与しています。

経理の業務の流れを詳しく解説

経理の仕事サイクルは、

  • 日々の取引の記録(日次)
  • 月1回のさまざまな支払いやチェック(月次)
  • 年1回の決算書の作成に関すること(年次)

大きく3つに分類できます。

毎日の仕事、毎月の仕事、年1回の仕事ごとにルーティン化され、それぞれのルーティンごとのスケジュールを把握しておきましょう。

例えば、取引先への支払いや代金の受け取りは、取引先ごとに締日や支払日が設定されています。経理の担当者は、取引先ごとに、いつまでに支払いを行うか、入金があるかを把握する必要があります。

しっかりと同僚にスケジュールを確認しながら仕事を進めていきましょう。

毎日の仕事(日次業務)

会社で発生する1日の取引を記録し、お金の出し入れを行います。

例えば、

  • 経費の精算をしてお金を払ったり
  • 銀行口座からお金を引き出す

日々の取引を記録しお金を出し入れします。

毎日の仕事内容(日次業務)
  • 現金・預金の入出金・残高チェック
  • 経費の精算
  • 領収書の発行や受け取り
  • 受け取った書類のファイリング など

経理の日次業務は、会社の財務状況を正確に把握し、経営の意思決定に重要な情報を提供するために不可欠です。

現金の管理:お金の出入りを記録する

現金の出し入れを記録することを現金出納業務、これを担当する経理を現金出納担当者といいます。

現金出納担当者の1日

現金出納担当者は、出勤時に手提げ金庫を受け取り、経費精算・支払いをし、入出金を記録します。

最後に、現金を確認し、金庫に手提げ金庫を戻して退社します。

日々の現金の出入りを仕分けするだけでなく、帳簿上と実際の残高を確認し、管理します。毎日のお金の動きを記録することにより、会社の現金の使われ方を把握するためです。

伝票をもとに帳簿に入力する「仕訳」は基本業務

経理の主な仕事は、日々の取引を会計データとして集計すること。取引を記録する書類は伝票と帳簿です。

会社で行われる取引は各部署の担当者や経理担当者によって、伝票に記録されます。経理担当者は伝票を集めて帳簿にまとめ仕訳帳に記録します。

最近は、仕訳入力は会計ソフトで行うことが一般的だね!

伝票や帳簿は決められた保管期間にもとづいて、保管しておく必要があります。

書類・伝票や帳簿の保管期間
書類法律保管期間
領収書、請求書、契約書、見積書など法人税法原則7年
仕訳帳、貸借対象表、損益計算書など会社法10年
社則・社内規定、定款、登記関係の書類など特になし半永久的に保管

請求書の発行:取引後に代金を求める書類

請求書は、商品の納品やサービス提供し、取引の完了後に取引先に代金を請求する書類です。

請求書を発行するタイミング
  • 商品の販売やサービス提供ごとに請求書を発行
  • 1ヶ月ごとにまとめて請求書を発行

請求書には、金額のほかに

  • 支払い期限
  • 発行日
  • 請求内容(単価、個数、合計)

などを記入します。

請求書は経理か営業担当者が作成し、郵送やメールなどの方法で取引先に送付します。

月1の仕事(月次業務)

経理の月次業務は、毎日の記録が間違っていないか月1回確認したり、1ヶ月ごとに支払いや請求をするものを処理したり、1ヶ月の業績をまとめたりしています

月1の仕事(月次業務)
  • 月次決算
  • 売上代金の請求
  • 仕入れ代金の支払い
  • スタッフの給与計算と支払い
  • 税金や社会保険料の支払い
  • 1ヶ月のお金の出入りをまとめる
  • 帳簿の記録・チェックや締め切り など

正確かつタイムリーな月次報告は、企業運営における信頼性を高め、次期の予算計画の修正にも役立ちます。

月次決算でタイムリーな経理状況がわかる

 法律で義務化されていなくても、多くの会社で月次決算が行われています。それだけ月次決算にはメリットがあります。

月次決算は、会社の実績や財務状況、前年同月との違いなどを知ることができ、経理状況をタイムリーに把握できるメリットがあります。毎月の経理処理のミスを早期発見することで、中間決算や年次決算を行う際の手間を軽減できます。

月次決算までできると一人前の経理担当者とみなされることも多いので、経理作業の振り返りのつもりで実力チェックしてもいいかもしれません。

年1の仕事(年次業務)年末調整から税務申告まで

1年に1回の会社の業績をまとめて報告するための書類「決算書」を作成します。決算書を作成することにより、1年間の売上、利益など財務や資産を把握できます。

年1の仕事(年次業務)
  • 決算書の作成
  • 会社の税金の申告と納税
  • 年末調整
  • 労働保険の年度更新
  • 社会保険料の届出
  • 賞与計算と支払い届の提出
  • 棚卸し など

年1回の決算前は、経理部はとても忙しくなり、3月末に決算する会社が多いので、3〜5月は残業も多いです。

会社によってスケジュールが違うから、あらかじめ会社に確認しておくと良さそうだね!

経理のキャリアパス

経理のキャリアパスを形成するためには、継続的なスキルアップと業務経験の積み重ねが不可欠です。

「キャリアパス(Career path、直訳すると「キャリアを積む道」を意味する)」とは、企業の人材育成制度の中でどのような職務にどのような立場で就くか、またそこに到達するためにどのような経験を積みどのようなスキルを身につけるか、といった道筋のことをいいます。 要は、企業の中での異動や昇進のルートのことです。

資格がないと経理の仕事ができないわけではありませんが、レベルアップのためには資格を取得するのも一つの手段です。経理の仕事に活かせる資格としてまず挙げられるのが簿記検定
» 簿記2級があると食いっぱぐれないは本当?

本格的に仕事に活かせる仕事に携わるなら、日商簿記2級は欲しいね!

経理関係の資格は他にもあり、自分の状況や目指しているキャリアに沿って資格取得を検討しましょう。

中級レベルに進むと、管理会計や財務分析などさらに専門的な分野に挑戦することが可能になります。

事業の将来性を予測したり、企業の持続可能性を評価するなど、より戦略的な視点が求められます。資格を取得することもキャリアアップには有効で、公認会計士や税理士などの専門資格が経理職としての信頼性と専門性を高めます。

最終的には、経理マネージャーや財務部長などの経営層への昇進が目標となるでしょう。

上級レベルでは、経理部門のリーダーとしてだけでなく、経営戦略に関わる重要な意思決定にも参加します。経理だけでなくビジネス全般に対する深い理解が求められるため、幅広い知識と経験が必要です。
» 経理カーストの実態とキャリアへの影響

経理のキャリアパスを歩む上では、終身学習を継続し、最新の会計基準や法規制への対応を常に更新することが大切です。変化するビジネス環境の中で、常に最前線で活躍し続けるためには、柔軟な思考と積極的な学習姿勢が重要となります。

経理初心者が覚えるべき基本スキル

経理初心者が業務を遂行する上で重要なのは、基本的な経理スキルを身に付けることです。

これにより、日常業務の効率化はもちろんのこと、キャリアアップの土台を築けます。経理の基本スキルには以下のものが含まれます。

  • 二重簿記の原則理解
  • 仕訳方法習得
  • 財務諸表読解能力
  • 現金流管理と記録の正確性
  • 伝票作成・整理・帳簿記入
  • 請求書発行と支払い管理
  • 月次・年次決算プロセス理解

会計ソフトの操作スキルや税法の基礎知識、パソコンスキルも重要です。特にExcelは経理職なら必ず使います。

一般的な操作だけでなく、関数を使えると実務で重宝します。経理以外の職業で得たスキルも、経理の仕事に役立ちます。

営業事務や金融事務は経理と近い業務、SEのITスキル、営業職のコミュニケーションスキルも経理業務に活かせます。基本的な経理スキルだけでなく、プラスアルファのスキルを身につけることが、デキる経理になるポイントです。

簿記の知識からITスキルまで

経理で一番オススメな資格は日商簿記2級です。

経理は資格がなくても働けますが、資格を取得することで就職や転職、キャリアアップまでに様々な場面で役立ちます。

簿記の知識やITスキルが不可欠です。初心者が最初に学ぶべきは、会計の基本原則です。

勘定科目の正確な使用をマスターし、企業の財務状況を正しく把握することが可能になります。正確な財務諸表を作成するスキルも習得する必要があります。

日常のデータ入力には、会計ソフトの操作知識や表計算ツール(Excelの使用技術)が必要です。これらは業務効率化に直結し、データベースやクラウドサービスへのアクセススキルも求められます。

デジタルセキュリティに関する知識も重要で、特に機密情報の保護策を理解している必要があります。マクロや自動化スクリプトの作成能力があれば、より高度な業務に挑戦することも可能です。経理業務におけるコミュニケーション能力の重要性について見ていきます。技術面だけでなく、人間関係の構築も同様に重要であることを理解しておきましょう。
» 経理に必要な資格

コミュニケーション能力も重要

経理の仕事は数字に強いだけでは足りません。コミュニケーション能力が非常に重要であり、経理担当者は正確な情報伝達を行う必要があります。複数の部門との円滑なコミュニケーションは業務効率向上に直結します。

チーム内外での信頼関係を築くためには対人関係のスキルも必須です。プレゼンテーション能力は財務報告や会議で自分の意見を効果的に伝えるのに役立ちます。交渉スキルは取引先との条件交渉や紛争解決に重要で、メールや文書作成能力も正確な情報を文書化して伝えるために不可欠です。

これらのコミュニケーションスキルは経理業務をスムーズに進めるための基盤となり、キャリアアップへの道を切り開く鍵にもなります。
» 経理に必要なスキル

どこでも通用「ポータブルスキル」がある

ポータブルスキルとは、持ち運び可能などこにいっても通用するスキルのこと。

いつでも、どこでも、誰とでも、仕事をするうえで役に立つスキルです。

これからの時代、終身雇用が崩れ、転職が当たり前の時代になってくる中で、ポータブルスキルはますます必要になります。

  • 人材の流動化(終身雇用が崩れ、転職が当たり前に)
  • 企業やビジネスモデルの短命化(企業やビジネスモデルの旬は、大企業でさえ15~20年に)

会社員は40年、50年と長い間働く一方で、企業やビジネスモデルはそこまで長続きしない。

  • 現状のままでは終身雇用の継続が難しい(トヨタ自動車の社長)
  • 終身雇用を前提にすることが限界になっている(経団連の中西宏明会長)

と発言しています。(参考:日経ビジネス「相次ぐ脱終身雇用宣言、信頼と責任築く経営哲学いずこに?」)

企業側も終身雇用の維持を諦めている。
「これからも終身雇用が続く」と考えるのは、今の日本ではかなり難しい状況。

どこにいっても通用する「ポータブルスキル」の重要性は、高まり続けているってことだね!

わたしが一番オススメするポータブルスキルの鍛え方はブログ挑戦です。

ポータブルスキルの習得に、ブログが最適と考える理由は以下のとおり。

ポータブルスキル習得にブログが最適な理由6選
  1. ライティング力が身につく→ライティングスキル
  2. 読者に好かれる文章力が身につく→ポジティブ思考
  3. 本業とブログ副業の両立で時間管理術が身につく→タイムマネジメント
  4. 「こういう読者ニーズがあるのでは?」という仮説思考も鍛えられる→思考術
  5. パソコンの文字を打つスピードが上がって仕事が速くなる→PCスキル

経理事務を目指しながらスキルアップ手段したいなら、ブログに挑戦してみましょう。

ブログは月3万円~5万円、うまくいけば月100万円以上稼げるチャンスがあるだけでなく、SNS発信などを通じて新しい仲間と出会うきっかけにもなります。

仮にお金を稼げなくても持ち運び可能な「ポータブルスキルが残る」という意味では、ブログはかなりリスクの低い選択肢といえます。

経理のキャリアアップの道:資格から昇進まで

経理のキャリアアップを目指す方々にとって、資格取得や昇進への道のりは重要なテーマです。

資格取得はキャリアアップのための一つの手段で、特に日商簿記などの資格は業界内で広く認知されています。これらの資格を持つことで専門性を高め、中堅・上級の職位や責任あるポジションへの昇進を目指せます。実務経験を積むことで、マネジメントスキルを養い、将来的にリーダーシップを発揮する役割も担えます。

国際的な視点での経理知識、例えば国際会計基準(IFRS)の理解も、グローバル企業でのキャリアアップに繋がります。経理職からCFOや会計士への道も開けており、専門の学位やMBAを取得することで、さらに高いレベルのキャリアを目指せます。
» 経理のキャリアプラン

経理の効率化ツールとテクノロジー

経理の効率化は、企業の生産性向上に直結する重要なテーマです。最新のテクノロジーを活用することで、経理業務の時間を大幅に短縮し、より戦略的な業務に注力することが可能になります。

経理部門における効率化を実現するためのツールやテクノロジーは、多種多様に開発されています。それらを組み合わせることで、業務プロセスがスムーズかつ迅速に進行します。これにより、企業は財務データの正確性を高め、経営意思決定を迅速に行うことができるようになります。

次の見出しでは、経理業務を効率化する会計ソフトの活用について具体的な方法とそのメリットを紹介します。その後、最新の経理自動化ツールがどのようなものであるか、さらにテクノロジーが経理の仕事にどのような影響を与えるのかについて掘り下げていきます。

経理業務を効率化する会計ソフトの活用

経理業務を効率化する会計ソフトの活用は、日々の業務を簡略化し、より正確で迅速な経理処理を実現します。複式簿記の自動処理機能は経理作業の時間を大幅に短縮し、生産性を向上させることができます。間違いが少なく正確なデータ管理と報告を実現するため、経営意思決定に寄与する正確な情報を提供できます。

具体的には、請求書の作成、経費の処理、財務報告などの経理業務が自動化され、手作業によるミスを減らしながら効率的に作業を進めることが可能です。独自の分析ツールを備える会計ソフトも多く、より洞察に富んだ分析を行い、経営の意思決定を強力に支援します。

クラウドベースの会計ソフトを使用すれば、どこからでもリモートアクセスが可能となり、データの共有や管理が容易になります。これはリモートワークが普及している現代において大きな利点です。銀行やクレジットカードの口座と連携し、取引を自動で記録する機能も、時間を節約し正確さを保つ上で役立ちます。

多くの会計ソフトでは、複数ユーザーでの利用が可能であり、それぞれのユーザーに合わせた権限管理を簡単に設定できます。税務準備を簡素化し、より正確な税務申告を支援する機能も備わっているため、年末の忙しい時期にも安心です。ソフトウェアは定期的に更新されるため、法改正に対しても迅速に対応できるのが特徴です。

会計ソフトは経理業務の質と効率を同時に高める強力なツールであり、経理部門の重要なパートナーと言えます。

最新の経理自動化ツールとは?

経理の効率化は現代のビジネス運営において非常に重要な要素です。最新の経理自動化ツールは、経理業務をよりスムーズに、そして正確に行うために不可欠な存在となっています。これらのツールは、時短とコスト削減に効果的であり、経理部門の負担を大幅に軽減することができます。

最新のツールには人工知能を用いた自動仕訳機能が備わっており、クラウドベースの会計プラットフォームを通してリアルタイムで財務データの分析やレポートの生成が可能です。銀行口座やクレジットカードとの連携により取引データを自動でインポートし、レシートや請求書のデータをOCR技術で自動抽出します。

モバイルアプリを使って外出先からでも経理業務にアクセスできるようになっており、税務申告プロセスの自動化や電子申請にも対応しています。会計基準や税法の変更にもシステムが自動で対応するため、常に最新の状態を保つことができます。

テクノロジーが経理の仕事に与える影響

テクノロジーは経理の仕事に大きな影響を与えています。経理業務の効率化と正確性の向上が可能になりました。従来の手作業に頼っていた作業を自動化することで、経理スタッフの作業時間を大幅に削減できます。リモートでの作業が可能になり、柔軟な働き方が導入されています。

その結果、経理スタッフは日々のルーチンワークを減らし、より戦略的かつ分析的な業務に集中できるようになります。リアルタイムでの財務レポートの作成が可能になり、経営陣への迅速な情報提供が実現します。これにより、経理部門は組織全体の意思決定プロセスにおいてより重要な役割を果たすことができるようになります。

テクノロジーの進化は経理スタッフに継続的な学習とスキルアップを求めますが、それによってより専門的で付加価値の高い業務に注力できる可能性も広がります。経理職の未来は、テクノロジーを上手く活用し、新たな価値を創出することが求められる分野になると言えます。
» 経理の将来性

経理に関するよくある質問

経理の業務に関する質問には、特に頻繁に遭遇するものがいくつかあります。「経理・会計・財務の違い」や「経理の仕事に必要な資格」、「経理の職が自動化により消滅するか」などです。

経理の専門性を深めるためには、経理・会計・財務それぞれ独自の機能と特性を理解することが必要です。さらに実務で活用できる知識を深め、必要なスキルセットを身につけることも重要。テクノロジーの進歩が業務にもたらす変化についても理解しましょう。

経理・会計・財務の違いは?

経理、会計、財務の違いはそれぞれの役割と目的にあります。経理は企業の日々の取引を記録し、管理する部門です。取引が正確に記録され、会計情報が適切に作成されることを確保するプロセスを担います。経理は財務状態の把握を助け、企業の経営状況を内部で明確にする役割があります。

会計は、企業の経済活動の結果を外部に示す役割を持ちます。国際基準や会計原則に基づいて整理された経理情報を用い、財務諸表としてステークホルダーに報告します。透明性のある報告を作成し、外部の投資家や債権者に企業の財政状態を伝えます。

一方、財務は資金調達や資金運用を通じて資金状況を最適化する活動を指します。長期的な視点から企業の資本構成や投資判断を行い、企業の財政戦略を形成する重要な部門です。企業の成長や安定性を支える基盤となり、将来に関わる意思決定に密接に関連しています。

これらの違いを理解することは、企業の健全な運営に不可欠です。各部門の機能を正しく認識し活用することで、企業の経営効率を高めることができます。
» 経理事務の仕事内容と一般事務との違い

経理の仕事で重要な資格は何?

経理の職に就く際、特定の資格は必要ありません。しかし、資格を持つことはキャリアアップに役立ちます。さまざまな資格があり、それぞれが経理の専門知識やスキルの証明になります。

経理の分野で重宝される資格には、日商簿記検定公認会計士税理士などが挙げられます。これらは経理知識の証明として、就職や転職において有利に働きます。

経理実務士ファイナンシャルプランナーの資格は実務スキルや財務計画の能力を示し、広い範囲の業務に応用できます。

経理事務を専門とする経理事務検定や、経営管理と会計知識を兼ね備えたマネジメント会計士も価値ある資格です。グローバルな会計業務には、USCPAACCAといった国際的な資格が必須となります。これらは、経理のプロフェッショナルとしての深い知識や技能を証明し、信頼を築くのに役立ちます。
» 経理に必要な資格

経理の仕事は自動化の波でなくなる?

経理の仕事が自動化されると伝えられることがありますが、その全てがなくなるわけではありません。自動化は、伝票の処理やデータ入力などのルーチンワークを効率的に行う手助けをしてくれます。

しかし、経理職員の果たすべき役割には変わらない価値があります。それは、分析や戦略的意思決定をサポートすることです。人間ならではの複雑な判断やコミュニケーションが必要な業務の重要性は増すばかりで、経理職に要求されるスキルはより高度になることが予想されます。

トレンドや法規制の変化への迅速な対応、柔軟性を発揮する能力が経理職員の重要な強みとなります。新たなスキルを身に付けることでさらなる成長が期待できるのです。
» 経理の将来性

まとめ

経理の業務は会社の財務状態を管理し分析するために重要です。これには日々の現金の出入りの記録、伝票の処理、請求書の発行と支払い管理などが含まれます。初心者には簿記の基本知識が必要であり、ITスキルやコミュニケーション能力の向上も不可欠です。

キャリアを積むためには資格取得や実務経験が重要になってきます。会計ソフトや経理自動化ツールを用いた業務の効率化も進んでいます。それに伴い、経理・会計・財務の違いを理解したり、経理に必要な資格について知ることも大切です。

技術の進歩は経理の役割に変化をもたらす可能性がありますが、経理の仕事が完全になくなることはないと言えます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゆうのアバター ゆう 現役の経理部員

当ブログをご覧いただきありがとうございます。
編集長のゆうです。

現役の経理部員として知らないと損する「お得な情報、オススメ転職エージェント、転職ノウハウ」などを惜しみなく公開します。
2022年から未経験で転職活動をスタートし、2社の内定を獲得しました。
年収も420万円から600万円にアップし、経理事務を満喫しています。

皆さんの役に立つ情報発信をしていきますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次