【FPと簿記の違い】あなたに合った資格はどっち?取得方法や難易度も解説!

お金の管理は日々の生活に不可欠ですが、専門的な知識が必要となることも多いです。そこで役立つのがFP(ファイナンシャルプランナー)や簿記の資格です。これらを取得すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

この記事では、FPと簿記の基本から資格取得の目的、難易度、そしてどちらの資格を先に取得すべきかについて解説します。結論として、あなたのキャリアプランや目指す方向性に合わせた資格取得が重要です。

  • 会社を相手にするのが簿記
  • 個人を相手にするのがFP

資格取得を通じて、お金の管理を学び、個人的な金融リテラシーを高めることができます。職業としてのスキルを身につけるメリットもあります。

目次

FP(ファイナンシャルプランナー)と簿記の基本を知ろう

FP(ファイナンシャルプランナー)と簿記の基本を知ろう

FP(ファイナンシャルプランナー)と簿記は、それぞれ異なる専門知識や技術を提供する重要な分野です。

  • 会社を相手にするのが簿記
  • 個人を相手にするのがFP

FPは個人の資産運用やライフプラン設計などをサポートし、簿記は企業の財務情報を記録・整理する会計の基本を担います。これらの知識は、日常生活やビジネスシーンで大いに役立ちます。

資格取得は専門性を高める絶好の機会です。取得にあたっては、目指すキャリアや興味に応じた学習方向を定めることが重要です。試験内容や難易度、必要な勉強時間を把握することも大切です。それぞれの資格には独自の特徴があり、取得プロセスも異なります。

FPとは何か?

FPとは、「ファイナンシャルプランナー」の略称で、個人や家庭の財務計画についてアドバイスを行う専門家です。

業務内容は以下のとおり多岐にわたります。

  • 家計管理
  • 保険
  • 節税
  • 教育資金
  • 年金・社会保険制度
  • 相続・贈与

財務に関する幅広い領域をカバーしています。まさに個人のお金の専門家です。

FPはクライアントの個々のライフプランに応じた資金計画を提案し、それに基づく最適な金融商品の選択をサポートします。独立して活動する個人プランナーから、金融機関やコンサルティング会社に所属するプランナーまで、その働き方は多様です。

FPの資格には、日本FP協会認定のAFP(アソシエイト・ファイナンシャルプランナー)とCFP(認定ファイナンシャルプランナー)があります。 これらを取得するには保険、税金、不動産、金融資産運用に関する深い知識が求められます。FPは個人の経済活動を支え、豊かにするための重要な存在であり、幅広い知識と高い専門性が要求される職業です。

簿記とは何か?

簿記とは、会社やお店などが行うお金のやり取りを正確に記録するための技術です。

お金がどこから出てきて、どこに使われたのかを明確に把握する技術であり、企業の財務状態を理解する上で非常に重要です。

商品を売った際の売上や、材料購入のための支払いといったお金の動きを記録します。これらの記録によって、企業が利益を上げているのか、あるいは損失を出しているのかを判断できます。

簿記は会社内部での使用に留まらず、外部のステークホルダーに対しても企業の財務状況を報告するために重要なツールとして活用されています。簿記の基本は、借り入れと貸し出しの記録方法にあり、そのバランスを適切に保つことが求められます。

日本では、簿記の知識や技術を身につけるための検定試験が設けられており、初心者から上級者まで段階的に学習を進めることができます。
» 簿記2級があると食いっぱぐれない

FPと簿記の資格取得の目的とは?

FPと簿記の資格取得の目的とは?

FP(ファイナンシャルプランナー)と簿記の資格は、個人の生活やビジネスシーンで専門性を高めるために重要です。

FP資格を取得すると、個人や家族の資産管理、家の家計管理するスキルが身につき、金融知識がアップします。これにより、信頼性の高いアドバイザーとしての地位を築くことできます。

一方、簿記資格の取得は、会計知識がビジネスシーンで応用できます。企業の財務状況を正確に把握し、経営判断をサポートする能力が身につきます。

これらの資格はキャリアアップや転職、独立開業への足がかりとしても非常に有効です。資格を活かすと、選べる職種が広がります。

FP資格を取得するメリット

FP資格を取得することには、個人の生活とキャリアの双方において多くのメリットがあります。

金融や投資に関する知識が深まり、個人の資産管理能力が向上します。これは、家計の見直しや節約に役立ち、結果として生活の質を高める効果が期待できます。ファイナンシャルプランナーとしての専門知識は就職や転職市場で価値が高く、キャリアアップの機会につながります。

取得したFP資格は信頼性を高め、個人や企業からの相談業務が増え、それに伴う収入の増加にも繋がります。税金、保険、不動産など多様な業界で活躍が可能となり、ライフプランのサポートを行う専門家として社会に貢献し、個人の満足感も得ることができます。

教育やコンサルティング分野で講師やアドバイザーとして活動する道が開かれます。フリーランスとして独立開業する選択肢もあり、自分のペースで仕事を進める自由を享受できます。これらを考慮すると、FP資格は個人の成長と将来的な選択肢をもたらす重要な資格と言えます。

簿記資格を取得するメリット

簿記資格を取得することには多くのメリットがあります。

会計の基本知識が身につき、財務諸表を読む能力が得られます。ビジネスにおいて、これは非常に重要なスキルであり、会社の数字を理解することで、より良い意思決定が可能になります。自分のビジネスや副業での財務管理能力も向上します。

簿記資格は、就職や転職にも有利です。特に会計職や経理職を目指す人にとっては重要な資格であり、履歴書や職務経歴書に記載することで信頼性を高める効果があります。

税理士などの上位資格を目指す際の基礎となります。将来的なスキルアップを目指す人にとって、公的機関や金融機関での評価も高く、キャリアアップにつながる期待が持てます。

個人の資産管理や家計管理スキルの向上にも役立ちます。効率的なお金の管理が可能になり、国際会計基準への理解を深めることで、世界中のビジネスチャンスに対応できるようになる可能性もあります。

簿記の資格取得は、専門知識の証明に留まらず、実際の仕事や生活においても大きな助けとなります。
» 簿記資格取得のメリットと効果的な学習方法

FPと簿記の違いとは?

FPと簿記の違いとは?

FP(ファイナンシャルプランナー)と簿記は、異なる専門分野を持つ重要な資格です。

FPは、個人や家族の資産計画やライフプランニングを支援する専門家。ライフプランの策定や資金計画の提案、保険や投資のアドバイス、税金対策など、個人経済活動全般にわたるアドバイスを行います

一方で簿記は、企業の財務状況を正確に記録し管理するための技術や知識体系であり、会計処理や財務報告、コスト管理など、企業の資金管理に特化しています

これらの違いを理解し、自身のキャリア目標や興味がある分野に応じて資格取得を検討することが大切です。

対象となる業務範囲の違い

FP(ファイナンシャルプランナー)と簿記の業務範囲は大きく異なります

FPは個人の財務計画やライフプランをサポートする仕事で、保険の選定、投資のアドバイス、税務計画など個別の顧客に合わせた幅広いサービスを提供します。顧客と直接面談をしたり、コンサルティングを行ったりすることが多いため、人と接する機会が多いのが特徴です。

一方で、簿記は企業の経理業務や財務管理、帳簿の記録を行う技術に関するものです。仕訳、決算書の作成、財務分析など、会計に特化した専門的な業務を担うことが多く、法人に対するサービスが中心となります。簿記の業務は内部のデータ管理やレポート作成が主で、対外的なコミュニケーションは比較的少ない傾向にあります。

これらの違いを理解することは、自身の興味やキャリアプランに合わせた資格取得へとつながり、将来の職務選択においても重要な指標となります。

資格取得に必要なスキルセットの違い

資格取得を目指す際、スキルセットの違いを理解することは非常に重要です。目指す資格が要求する能力は異なるため、意識すべきポイントがそれぞれで変わってきます。

例えば、FP(ファイナンシャルプランナー)資格を取得する場合、金融計画に関する幅広い知識が求められます。これには保険、税金、投資、年金に関する深い理解が含まれます。コミュニケーション能力や顧客のニーズを捉える能力も重要で、顧客個々の状況に合わせたファイナンシャルプランを作成する技術が必要です。

一方、簿記資格を目指す場合は、会計や財務に関する専門知識が中心です。計算能力や数字の正確な管理、帳簿の記帳、財務諸表の作成などの作業能力が試されます。

成功するためには、目指す資格ごとに求められるスキルセットを把握し、効率的な学習計画を立てることが鍵となります。

FPと簿記の難易度比較

FPと簿記の難易度比較

FP(ファイナンシャルプランナー)と簿記は財務知識と技能の資格であり、難易度に差が存在します。FP資格は3級から1級まであり、級が上がるほど知識の深さが求められます。簿記資格も同様に3級から1級まであり、高い専門性が特徴です。

合格率を比較すると、FP3級は約50〜60%に対し、簿記3級は約30%前後となり、FP資格の方が合格しやすい傾向にあります。

勉強時間では、FP資格は級により100時間から300時間程度が目安ですが、簿記資格は3級で約150時間、2級で約300時間、1級ではそれ以上が必要です。このため、簿記の学習時間は長い傾向にあります。ただし、これは一般的な目安に過ぎず、個人の能力や事前知識で変わり得る点です。

合格率と勉強時間の違いから、FP資格は取得しやすいと言えますが、級が上がると難易度も増し、簿記との差は少なくなります。

各資格の難易度は?

資格を取得する際、難易度は大きな関心事です。FP(ファイナンシャルプランナー)資格と簿記資格は、共に3級から1級までのレベルがあり、1級が最も難易度が高いとされます。FP資格の場合、試験科目数が多く、範囲も広いです。1級では実務経験が求められることもあり、知識と実務で使えるスキルが合格の鍵となります。

一方、簿記資格では計算能力と正確な知識が重視され、特に1級では高度な会計理論と応用能力が問われます。しかし、3級はFPも簿記も入門レベルであり、基礎知識があれば合格しやすいです。FPの2級では実務に近い内容が、簿記の2級では応用力がより問われます。
» 簿記は何級から始める?難易度と効果的な勉強方法

資格取得には、自分の学習スタイルやキャリアプランに合わせた難易度理解と効率的な学習が重要です。難易度が高いからと敬遠せず、挑戦することで得られるスキルや知識は自身の成長に繋がります。

各資格の合格率と勉強時間

資格取得を目指す際、合格率と勉強時間は非常に重要な指標となります。これらは試験の難易度をある程度反映し、受験者が試験準備をする上での大切な参考情報です。

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格にはAFPとCFPの二つがあります。AFPの合格率は約60~70%と比較的高く、CFPは約30~40%で、AFPの方が合格しやすい状況です。勉強時間についてはAFPが約100~200時間、CFPは約300~600時間が目安です。CFPを目指す場合は、より専門的な知識と長時間の勉強が必要です。

一方で、日商簿記の資格では2級が約20~30%、3級は約30~40%の合格率を示しており、FPの資格試験と比べると合格率は低めです。簿記2級の勉強時間は150~300時間、3級は80~150時間とされています。この情報から、簿記資格も簡単には取得できないことが理解できます。

これらのデータを基に、自分のライフスタイルやキャリアプランに適した合理的な勉強計画を立てることが、資格取得への効率的なアプローチとなるでしょう。

FPと簿記の資格取得方法

FPと簿記の資格取得方法

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格と簿記の資格は、財務や会計分野でのキャリアを強化するために非常に役立つ資格です。個人や企業の資産運用計画の策定、財務状況の分析や管理など、専門的な知識を習得するのに重要なステップとなります。

FP資格の取得には民間資格と国家資格の2つのルートがあり、簿記資格は日本商工会議所が主催する試験が一般的です。資格取得のための学習方法には、テキスト学習、通信講座、専門学校での学習といった様々なオプションがあり、実務経験を活かすことも可能です。

試験に合格するためには、過去問題に取り組むことが出題傾向を掴む上で重要です。

FP資格の取得プロセス

FP資格の取得は、まず資格の種類を知ることから始まります。FP資格にはAFP(アソシエイト・ファイナンシャル・プランナー)やCFP(認定ファイナンシャル・プランナー)などがあり、どのレベルの資格を目指すか選択することが重要です。

選択した後は、公式テキストや参考書を用いて試験範囲の学習を開始します。効率的に学習を進めるためには、計画的な勉強が推奨されています。

さらに実践的な知識を求める場合や、独学に不安を感じる場合は、通信講座やスクールを利用する方法もあります。その後は試験申込みを行い、受験料を支払って試験に臨みます。試験に合格したら、必要に応じて実技試験や実習を受けます。

最終的に合格し、認定申請を済ませば、正式にFPとしての資格が授与されます。資格取得後は、継続教育を受けて資格を維持する必要がありますので、この点を忘れないようにしましょう。

簿記資格の取得プロセス

簿記資格の取得は、会計や財務に関わる専門的な知識を身につけ、実務に役立てることを目的としています。

まずは簿記の学習内容とレベルを把握することがスタート地点です。取得できる資格には、日本商工会議所の商工会議所簿記検定と、全国経理教育協会の実務者簿記検定があり、どちらかを選んで受験します。

資格取得に向けては、自分に合った方法で学習を進めることが大切です。学習方法には以下のようなものがあります。

  • 必要な教材やテキストを購入し、自学自習する
  • 専門学校や通信講座などで学習する

多くの受験者は3級からスタートし、基本的な知識を身につけた後、2級、1級へとステップアップしていきます。

検定試験の日程を確認し、申し込みを済ませることが、効率的な学習進捗の鍵を握ります。試験対策としては、過去問を解くなど実践的な方法が推奨されています。検定試験に合格すれば、簿記資格を獲得できます。

簿記資格はキャリアアップや就職活動に大いに役立つだけでなく、ビジネスの多方面で活用可能な貴重な知識としての価値があります。
» 未経験でも簿記2級で経理転職

FPと簿記、どちらから取得するべきか?

FPと簿記、どちらから取得するべきか?

ビジネスの世界で高く評価されるFP(ファイナンシャルプランナー)と簿記の資格は、取得順序が個々のキャリアプランや目指す分野によって異なります。それぞれが異なる専門知識を提供するため、個人の興味や将来の目標に合わせた選択が肝心です。

金融業界や個人向けのコンサルティングに関心がある方には、FP資格が適しています。一方で、会計や財務の専門職を目指す方には、簿記資格の取得が推奨されます。それぞれの資格はキャリアアップに寄与する独自の強みを持っているため、自分が求めるスキルセットを明確にすることが重要です。

取得順序の検討ポイント

資格取得を考える際には、どの資格をいつ取得するかを決めることが重要です。

将来のキャリアプランや目指す職種を考慮し、資格が自分のキャリアにどのように役立つのかを考えましょう。このためには、資格が持つ業務範囲や専門性を理解することが不可欠です。

自分のライフスタイルや現在の生活スケジュールを考えながら、時間と労力を要する資格取得の計画を立てます。長期的な目標と短期的な目標を照らし合わせることが効果的です。

取得する資格間の関連性も検討することが大切です。一つの資格が別の資格取得に役立つかどうかを見極める必要があります。将来的に必要となるスキルセットを考え、どちらの資格が適しているのかを評価しましょう。両資格の学習内容の重複を考慮して、効率的な学習計画を立てる方法もあります。

資格取得後の進路の多様性も比較し、自分にとってより有利な選択をすることが推奨されます。これらのポイントを検討することで、最適な資格取得の順序を見つけることができます

キャリアプランとの関連性

キャリアプランを練る際には、将来の職業像を明確に描くことが欠かせません。FP資格や簿記資格はキャリアアップに直結するため、自身の目指す道に合わせて取得を優先することが推奨されます。

金融業界や個人の資産運用サポートを目指すならFP資格、会計や財務の専門性を要する業界を目標にするなら簿記資格の取得が望ましいです。キャリアアップや転職市場において競争力を強化するためにも、両資格の取得を視野に入れることが重要です。

例えば独立してコンサルタントや個人事業主を目指す場合、FPと簿記の双方の知識が求められることがあります。資格は求職活動での自己PRにも大きく貢献します。資格取得には時間と労力が伴うため、キャリア形成において適切な資格を戦略的に組み込むことが、キャリアアップへの第一歩となるでしょう。
» 転職活動の流れを解説!基本スケジュールと準備方法

資格ごとの強みを考慮する

資格を取得する際は、その資格の独自の強みとキャリアプランへの貢献を考えることが重要です。

たとえば、FP(ファイナンシャルプランナー)資格は、財務設計やライフプランニングのアドバイスが可能であり、資産運用や税務に関する知識が豊富です。金融やコンサルティング分野での需要が高く、顧客へのパーソナライズされたサービスが提供できます。

簿記資格は、企業の会計・財務業務に必要な専門知識を提供します。正確な会計処理能力とビジネス判断力を身につけ、経理部門や会計事務所での活躍が見込まれます。

金融業界やパーソナルコンサルティングを目指す人にはFP資格、会計や財務の専門家を目指す人には簿記資格が適しています。資格選びは自分のキャリアゴールを反映させるべきです。時間と労力が必要ですが、適切な資格は将来の職業選択やキャリアアップに大いに役立つでしょう。

まとめ

まとめ

FP(ファイナンシャルプランナー)と簿記は、個人の資産管理や企業の経理業務に関する知識を深め、キャリアアップに役立つ資格です。FPは、家計や投資計画についての専門的なアドバイスを提供し、簿記は企業の取引記録や財務諸表の作成に必要なスキルを身につけることができます。

これらの資格を取得することにより、専門性の向上とキャリアアップを目指せるという利点があります。FPと簿記では、対象となる業務範囲やスキルセットが異なり、資格取得の難易度にも差があるため、自分のキャリアプランや持っているスキルに合わせた選択が重要です。

適切な資格を選び取得することで、充実したキャリアを築くことが可能となります。自身の将来を見据え、資格取得に向けて計画的に行動することが肝心です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゆうのアバター ゆう 現役の経理部員

当ブログをご覧いただきありがとうございます。
編集長のゆうです。

現役の経理部員として知らないと損する「お得な情報、オススメ転職エージェント、転職ノウハウ」などを惜しみなく公開します。
2022年から未経験で転職活動をスタートし、2社の内定を獲得しました。
年収も420万円から600万円にアップし、経理事務を満喫しています。

皆さんの役に立つ情報発信をしていきますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次