【経理職への転職】市場動向や必要なスキルセットを解説|適切なキャリアプランを立てよう!

  • 経理への転職は市場的にはどうなの?
  • 経理に転職するために必要なスキルは何?

結論、円安の影響もあって日本の上場企業は3年連続で過去最高益を更新しており、経理職は売り手市場にあります。

経理の転職に必要なスキルは、会計・簿記の知識や最低限のITスキルなどです。

経理職への転職を考えている方のなかには、現在の市場動向や必要なスキルが分からず不安を感じている方もいることでしょう。本記事では、経理職へ転職したい方が知るべき市場動向や必須となるスキルについて詳しく解説します

最後まで読めば、経理転職を成功させるステップや経理職を目指すうえで直面しやすい悩みへの解決策がわかります。「未経験でも経理職への転職はできるのか」「転職成功のイメージをつかみたい」方も必見です。経理職でのキャリアを充実させたい方はぜひ参考にしてください。

目次

経理転職の市場動向

経理転職の市場動向は、デジタル化の進展に伴い大きく変化しています。新型コロナウイルスの影響でリモートワークが普及し、これが経理業務のデジタル化を加速させました。

現在、経理人材の需要は中小企業から大企業にかけて高まっており、特に実務経験のある人材が非常に求められています。その結果、経理分野でフリーランスや契約社員として働くケースも増え、職務の柔軟性が向上しています。

経理職の役割も進化しており、AIや自動化ツールの導入によりルーティンワークから脱却し、分析・戦略立案が重視される業務へシフトしています。経理職にとっては、専門性を生かしたキャリアアップの機会が増えています。さらに、決算期や年末年始の一時的な需要増もあり、求人市場は安定していると言えます。

企業の財務健全性を考えるうえでも、経営状況を数字で把握している経理人材の評価は高いです。テレワークに対応可能な会計ソフトを扱えるITスキルも、市場価値を高めるための重要な要素です。

これらの動向は経理転職市場の重要な特徴とトレンドを形成し、経理職として市場価値を高めるための指針となっています。

経理職の需要と供給の現状

経理職の人材を求める需要は、高水準が続いています。企業のデジタル化が進むなかで、特にITスキルのある経理人材の需要が高いです。

国際会計基準の知識を持つ人材の需要も、グローバル化にともなって高い傾向にあるね!

しかし、ベテラン層の引退や少子高齢化による人口減少で人材は不足しています。人材不足が進むなか、経理の転職市場に目を向けると2024年上半期の求人数は好調です。

2024年上半期の経理職の求人市場は引き続き好調の予想です。コロナが落ち着き、売り上げが回復し始めた企業が多いことから請求書処理や売り上げ管理などの経理業務の負担が増えています。こうした状況に対し、経理職の体制を強化しようとする動きが高まっていることが求人増加を後押ししています。このような背景から、2024年上半期は2023年に引き続き、経理職の採用ニーズは高いでしょう。

doda(経理の転職市場動向2024上半期)

AIや自動化ツールを活用していく転換期でもあり、会計・簿記の知識はもちろん、環境に柔軟に対応できる人材が重宝されます。
» AI時代に求められる経理職の必要性と未来

経理転職市場の特徴とトレンド

経理職の需要は安定していて、特に経験者の需要は中小企業で高まっています。

技術進化によるRPAやAIの導入で、経理職の効率化が進んでITスキルやシステム運用能力も重視されているね!

グローバル化の流れで、英語力や国際会計基準の知識が必要とされることが増えています。コロナ禍をきっかけとしたリモートワークやフレックスタイムの普及が進んでいます。
» 国際業務に必要な専門スキルを高めるポイント

経理業務のアウトソーシングが増え、企業はコンプライアンスや内部統制の強化に努めています。これに伴い、経理職には高い専門性が求められる傾向にあります。データ分析能力を持つ経理人材は市場で引き続き需要があり、M&Aや企業再編などの特定プロジェクトの際には、特化した人材が必要です。

これらの特徴とトレンドを把握することで、経理転職市場でのポジションと将来の展望が明確になり、キャリアプランを立てる上で有益な指針となります。
» 経理のキャリアプラン完全マニュアル

経理転職に必要なスキルセット3選

経理転職に必要なスキルセット

経理転職を成功に導くためには、特定のスキルセットの習得が欠かせません。これらのスキルは、業務の効率化、正確な財務報告、重要な意思決定への貢献に役立ちます。

経理のプロフェッショナルには、基本的に会計知識や簿記資格が必要とされています。税法や会計ソフトウェアの操作能力も、日々の業務で重要です。さらに、Excelなどのスプレッドシートツールの技術は、データ分析や報告資料作成において大きなアドバンテージを提供します。
» 経理に必要なスキル完全ガイド

単に数字を扱うだけでなく、それをわかりやすく伝えることのできるプレゼンテーション能力やコミュニケーションスキルも、キャリアアップには不可欠です。チームでの協働や様々なステークホルダーとのコミュニケーションも求められるため、これら対人スキルの向上も重要とされています。
» 経理のコミュニケーション能力向上完全ガイド

経理職は法的な規制や業界の慣習に精通することが必須です。コンプライアンスへの理解は、企業の信頼維持とリスク管理に必要です。時間管理やプロジェクト管理のスキルも、忙しい時期の業務効率化に役立ちます。

グローバル化に対応するため、英語を含む外国語能力も強みになります。これらのスキルを身につければ、経理転職市場での競争力を高めることが可能です。
» 国際業務に必要な専門スキルを高めるポイント

会計知識と簿記資格の重要性

会計知識は経理職にとって基本中の基本です。企業の財務状況を理解して正確に把握するためには、会計の原理原則を知っている必要があります。例えば、収支や資産・負債の考え方です。
» 経理の仕事内容

簿記資格は専門性を証明するものとして、採用時に高く評価されます。経理職での転職をするなら、最低でも簿記2級、大手企業であれば1級の取得が望ましいです資格を持っていると、日々の経理業務の効率化や経営改善に貢献できるため、企業に大きなメリットがあります。
» 簿記2級を活かせる仕事
» 簿記1級を活かせる仕事

財務分析やコスト管理などの業務をするうえでも知っておくべき知識です。資格取得を通じて継続的に学習することで、専門性を高められてキャリアアップに直結していきます。経理職としてのスキルセットを充実させたい場合、まずは会計知識の習得・簿記資格の取得を目指すのがおすすめです。
» 簿記資格取得のメリットと効果的な学習方法

税務関連の知識が強みに

経理転職で大きな強みとなるのが税務関連の知識です。このスキルはビジネスの決定に直結し、企業の税務リスクを最小化するうえで欠かせません。税法が改正されたときには、迅速な対応が企業にとって大きな利点になります。

税務申告の正確性を高めることで、経理としての信頼性も向上し、罰金や追徴税のリスクを減らすことができます。専門の税務知識は、税務計画や戦略立案にも重要で、転職市場での価値を高める要素となります。

国際税務の知識はグローバル企業において需要があり、税務監査対応やコンサルティングなど専門性の高い分野でのキャリア機会を広げます。

税理士や会計士の専門資格は、キャリアの幅を大きく広げることができます。知識と技能を証明でき、経営層とのコミュニケーションにおいても高く評価されます。

税務関連の知識は、経理転職において重要なアドバンテージをもたらし、専門性を活かしたキャリアを築くためのステップと言えるでしょう。

ITスキルと会計ソフトの活用

経理業務は、デジタル技術の進展によって大きく変化しています。

経理転職市場では、

  • ITスキル
  • 会計ソフト

など、技術の重要性が高いです。経理職の採用において、伝統的な会計知識に加え、技術を活用して業務の効率化を図れる人材が求められています。

経理職採用では、伝統的な会計知識に加え、ITスキルを活用した業務の効率化を図れる人材が求められています。またデータ分析ができれば、会社の経営に必要な費用かどうかの取捨選択・企業の収支の最適化も可能です。

Excelなどのスプレッドシートの活用は、日常の経理作業を迅速かつ正確に進めるために不可欠です。

QuickBooksやXeroなどの会計ソフトやExcelの操作に慣れていれば、経理への転職市場での評価を高めやすくなります。特に、表計算やグラフ作成もできるExcelは、経理業務において重宝されるので最低限使いこなしたいツールです。
» 経理業務にExcelが選ばれる理由

ITセキュリティに関する基本知識は、企業の財務情報を守る上で欠かせないスキルです。自動化ツールを利用した会計プロセスの効率化も理解していることが大事。これらのITスキルと会計ソフトの運用能力を持つことで、経理業務の質を高めることができます。

ITスキルが経理職への転職において大きな強みとなり、企業からの評価を高める要因となることは間違いないでしょう。技術的なスキルだけでなく、コミュニケーション能力やマネジメントスキルも経理職の転職において非常に重要です。

コミュニケーション能力とマネジメントスキル

経理転職では、ITスキルや会計知識だけでなく、コミュニケーション能力とマネジメントスキルも重要です。チームでの情報共有やプロジェクト運営を円滑にし、チーム全体のモチベーション維持にも役立ちます。

積極的なコミュニケーションは、組織内外の人との協調性を高め、円滑な情報共有・連携による業務の効率化も可能です。マネジメントスキルを磨くことで、リーダーシップを発揮し、チームを成功に導くことができます。

企業の財務状況を数値で把握し、経営陣に対して的確な情報提供もできる力が付きます。特にコミュニケーション能力は、経理職のキャリアアップにとても重要です。
» 経理のコミュニケーション能力向上完全ガイド

経理転職を成功させるためのステップ

経理転職を成功させるためのステップ

経理転職を成功させるためには、計画的かつ戦略的なアプローチが必要です。成功の鍵は自己分析をし、明確なキャリアプランを立てることから始まります。適切な企業選びや職務経歴書、履歴書の作成につながるため、このステップは非常に重要です。

自己分析の過程では自分の強みや価値観、キャリアで成し遂げたいことを深く理解することが求められます。この理解をもとに、職務経歴書や履歴書を作成する際には、自己の実績を具体的にアピールし、見やすく整理することができます。

企業選びでは自身のキャリア目標と企業のビジョンの合致性を見極めることが大切です。スキルアップも転職成功には欠かせません。会計や税務のスキルを磨き、簿記資格の取得を目指すことが推奨されています。

転職エージェントを上手に活用することで、市場のニーズを把握し、適切なアドバイスを受けることが可能になります。最終的に、経理としてのキャリアを次の段階へと進めるためには、これらのステップを踏んで具体的な行動を起こすことがキーポイントです。
» 経理に強いオススメ転職エージェント

自己分析とキャリアプランの明確化

経理転職を成功させるためには、自己分析とキャリアプランの明確化が大切です。自己分析をおこなうことで、スキルセットと過去の経験を客観的に評価し、自身の強みと弱みを把握できます。

長期的なキャリア目標を設定することで、自分の目指す経理職に必要なスキルや知識を身につける計画を立てやすくなります。結果的に、価値観をもとにした職場選びも実現できるのです。

自己分析をしてキャリアプランを可視化すれば、自分の軸を決めたうえで中長期的な目標の設定が可能です。軸を決めれば、働きたい会社も見つけやすくなります。例えば、面接時に自分の強みをどう活かすか・どのようにキャリアを形成したいのかをアピールできたら好印象につながるでしょう。

自己分析とキャリアプランは、今後の経理職としての方向性を決めるために大切な指標となるので、時間をかけておこないましょう。

職務経歴書と履歴書のポイント

経理の転職において、職務経歴書と履歴書は自己PRのために非常に重要です。

職務経歴書では、所属していた企業での具体的な実績や実務経験など、数値化した成果のアピールが鍵になります。例えば、自分がプロジェクトに入ったことで〇%の売上増・コスト削減につながったことも大きな実績です。

経理未経験での転職であれば、ITスキルやコミュニケーション能力をアピールしましょう。部署内で予算や決算の担当をしていた場合にも、大きなPRポイントになります。経理職で働きたい理由・想いを、自分のなかで言語化できるようにしておきましょう。

履歴書については、フォーマットに沿った基本情報を簡潔に記載し、経理としての専門性や簿記資格の有無・職務関連の趣味・特技を記入するとよいでしょう。

職務経歴書と履歴書は役割が異なります。転職に強い履歴書マニュアルや経理に特化した職務経歴書の書き方を紹介しているので、あわせて確認してみましょう。
» 転職に強い履歴書の書き方マニュアル完全版
» 経理に特化した職務経歴書の書き方完全ガイド

経理職として働く企業の基準を決める

企業選びの基準と対策

経理職への転職を考える際に、企業選びは非常に重要です。事前に自分のなかで経理職として働く企業の基準を決めておくことが大切です。

例えば、福利厚生面では企業が提供する通勤手当・家賃手当・退職金制度などです。ある程度、手当部分が充実していると毎月の収入がプラスになるため、働くうえでのメンタル面の安心感にもつながります。

働き方に関しても留意すべきです。フレックスタイム制が導入された柔軟な労働時間やテレワーク・研修の充実度などがポイントになります。企業によっては、会計知識アップに向けたセミナー受講のバックアップ体制や、資格合格による報奨金制度を導入しています。

他にも、経理システムやソフトウェアの導入状況も一つの基準です。新しいシステムをどんどん取り入れる先進的な企業は、ITやAIを活用した効率的な業務やデータ解析をおこなっています。最新のシステムに触れながら、スキル向上やツールを活用した実務経験の機会を増やせるでしょう。

経理職として働く企業を選ぶ際は、自分のキャリア目標や働き方に合うかどうかを見極めることが重要です。基準を設けることで、転職後の仕事に対する満足度やモチベーションも高まり、持続的なキャリアの構築が実現しやすくなります。

簿記の取得・スキルアップを目指す

企業は簿記資格を重視する傾向があり、採用の選考基準をクリアしやすいかどうかにもつながります。経理に転職してキャリアアップと高収入を目指したいなら、最低でも簿記2級以上の知識が必要です。簿記2級があれば、未経験だとしても基礎知識や専門性の証明になるので事前に取得しておきたいです。

簿記1級以外は、CBT方式のネット試験もあるため、自分の都合にあわせて受験できます。いきなり簿記2級を目指すのではなく、簿記3級を学んでから簿記2級を目指すことでスムーズに内容を理解しやすいです。

「経理に転職してから学ぶ」ことはもちろん大切ですが、現時点で実施できるスキルアップはしておきましょう。例えば「Excelの基礎や応用」「最低限のITスキルを向上させる」などが挙げられます。今の職場で業務を効率化するツールの提案をしたり、積極的にチームをまとめたりすることもスキルアップにつながります。

簿記の取得やスキルを高めることでキャリアの幅も広がり、経理職への転職はもちろん、変化する環境への柔軟な対応が可能です。

転職エージェントの活用方法

経理職への転職を検討する場合、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは、あらゆる業界・職種に精通しており、たくさんの求人からあなたにあった企業を提案してくれます。担当者との面談で自分の希望を伝えることで、経験やスキルにマッチした求人を紹介してもらいやすいです。

企業との面談日程の調整や内定通知・給与交渉まで、転職エージェントがすべて仲介してくれます。さらに内定したあとのアフターフォローもあり、転職後の相談にも対応しているのです。

前提としては、経理職の転職に強い専門エージェントを選ぶことが肝心です。専門のエージェントであれば、業界の内情や非公開求人などの詳しい情報を提供してくれます。面接や書類選考が不安な方には、面接の練習や履歴書・職務経歴書の添削もします。

転職活動を効率的に進めるためには、転職エージェントを活用してみてください。自分のキャリアプランに沿った求人を探して、働きたい企業を見つけましょう。

計画的に進めていけば、経理へ転職してキャリアアップを目指せます。まずは実際に行動に移すことがポイントです
» 経理に強いオススメ転職エージェント

転職活動中の経理職が直面する悩みと解決策

転職活動中の経理職が直面する悩みと解決策

経理職が転職活動中に直面する悩みは多様であり、それぞれに対する解決策が存在します。

経験がないことに伴う不安は、専門のセミナーや研修を受けることで知識を補い、自信をつけることが大切です。適切な経理ポジションを見つけるためには、自分のスキルやキャリアプランを考慮し、求人情報を丁寧に分析することが重要となります。

経理専門の転職エージェントを利用することで、専門的なアドバイスやサポートを受けることができます。面接における経理関連の質問対策には、事前に想定問答を準備しておくことが自信につながります。職務経歴書での経理経験のアピールは、成果を数字で示すことが効果的です。
» 経理に強いオススメ転職エージェント

現職の仕事と転職活動を両立させるには、時間管理を徹底し、休日をうまく利用することが求められます。転職後のキャリアパスが不透明な場合の不安には、転職先の企業文化やキャリアアップの機会について、事前に調査することが大切です。悩みに対する解決策を踏まえ、転職活動を前向きに進めていきましょう。

年齢別の転職活動のポイント

経理職への転職を成功させるには、年齢ごとの転職活動のポイントを理解することが非常に重要です。

20代前半から50代以上にわけて紹介しています。各ステージでの転職ポイントを意識することで効果的な転職活動ができ、自分の目指すキャリアのイメージも湧きやすいです。

  • 20代前半:将来性を重視し、基礎的な経理スキルを身につけるチャンスと捉える
  • 20代後半:経験を積み、専門性を高めることでキャリアアップを目指す
  • 30代前半:リーダー職へのステップアップや専門性を深める重要性が増す
  • 30代後半:管理職を目指しマネジメントスキルの必要性が高まる、専門性を活かした転職を検討
  • 40代:業務経験を生かしたシニアポジションやコンサルタントへの転身を考える
  • 50代以上:豊富な経験を強みにキャリアをアピールし、アドバイザリー業務や非常勤でのポジションを検討

それぞれ年齢別の転職タイミング・イメージの例を押さえることで、転職市場において自分の価値を最大限に高められます。各年齢のポイントをイメージして転職活動に活かしましょう。
» 経理のキャリアプラン完全マニュアル

未経験から経理職への転職方法

経理職の経験がないことに不安を感じるのは誰もが一緒です。求人によっては「未経験歓迎」と公言している企業もあるので、心配せずに転職活動に臨みましょう。また不安を担当エージェントに伝えることで、不安の解消や的確なアドバイスがもらえます。

ちなみに、経理専門のセミナーや研修をオンライン受講できるサービスもあります。完全な未経験からの転職が怖い場合には、事前にセミナーを受講して、会計知識があることをアピールできるとよいでしょう。未経験からの転職は大きな挑戦となりますが、会計知識を学んで積極的に行動すれば、十分に克服できる課題です。

30代未経験からでも経理への転職を目指せる成功ガイドもぜひ参考にしてください。
» 30代未経験者の経理転職成功ガイド

会計や簿記の知識不足はどう補うべきか

「簿記2級以上を取得しよう」と言われても、どう勉強すれば良いのかわからない方もいますよね。簿記のイメージとしては、簿記3級で会計の基礎(読み書き)を学び、簿記2級で会計の実践を学んでいく流れです。

転職してから職場内の研修として簿記を学べることもありますが、不安な方はオンライン受講もおすすめです。また現在はYouTubeでも会計・簿記の知識を発信されているので、さまざまなツールで学べます。

「〇月の簿記試験の合格に向けて勉強中です!」と意欲をアピールするのも効果的だよ!

「とりあえず早く転職したい!」「転職してから学んでいきたい!」方は、転職活動のなかで熱意を伝えましょう。会計スキルがない状態でも、自らの経験をアピールすることでポテンシャルを感じて採用されるケースもあります。

現職と転職活動の両立が難しい

現職の仕事と転職活動を両立させるには、休日を有効に活用しましょう。転職活動・簿記の勉強・書類作成など、やるべきことに優先順位をつけることをおすすめします。

また仕事量を減らしたり、効率的に仕事を終わらせて休みを取ったりして、転職活動の時間を確保することが大切です。なお、面接や書類作成は週末や仕事終わりの夜などが多くなりますが、会社の業務に支障がないように注意してください。

信頼できる上司や同僚がいるなら、転職活動の状況を伝え、柔軟な働き方や休暇の相談をするのも一つの方法です。両立のストレスを最小限に抑えつつ、担当エージェントと焦らず着実に進めることが転職成功の鍵です。

転職活動は学びや成長のチャンスととらえて、ポジティブに行動していきましょう。

【まとめ】経理職は売り手市場!転職を成功させよう

まとめ

2024年現在の経理職への転職市場は、2023年に引き続き好調で売り手市場の傾向です。

経理職への転職に重要なのは、会計・簿記に関する専門知識やITスキル、そして人とのコミュニケーション能力です。スキルを身につけておくことで、キャリアの幅も広げやすく、転職成功の鍵となります。

転職エージェントの活用は、効率的な転職活動をバックアップしてくれます。さらに、年齢や過去の経験によっては、未経験者も経理の道に進みやすいです。企業で提供している研修制度やオンラインセミナーの受講でスキルアップを狙えます。

あなたが経理職への転職に成功できることを祈っています。
» 転職活動の流れを解説!基本スケジュールと準備方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゆうのアバター ゆう 現役の経理部員

当ブログをご覧いただきありがとうございます。
編集長のゆうです。

現役の経理部員として知らないと損する「お得な情報、オススメ転職エージェント、転職ノウハウ」などを惜しみなく公開します。
2022年から未経験で転職活動をスタートし、2社の内定を獲得しました。
年収も420万円から600万円にアップし、経理事務を満喫しています。

皆さんの役に立つ情報発信をしていきますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次